起業したいなら実家暮らしやめろ。女子中学生にもキモがられるよ。


起業するというのは、社会から自立するということです。東芝の社員が会社の不祥事で気づいたらリストラされてたみたいな、他人と共倒れになるような生き方をしないということでもあります。


なので、「起業したい」とか「人生変えたい」なんていきり立つ前に、まずは実家暮らしをやめて、親から自立しろと言いたい。


明日突然親が死んだらどうしますか?


明日突然実家が火事で燃え尽きたらどうしますか?


実家暮らしのあなたなら、確実に路頭に迷うと思います。


人生を主体的に生きてる人しかチャンスをモノにできません。他人に依存して生きる習慣からまず脱却すること。ビジネス云々、サクセス云々はその後だと思う。


僕が実家暮らしだけはしない理由

僕の在籍していた中学校は当時相当荒れてました。授業中は、空のペットボトルと卑猥な単語が教室中を飛び交い、次から次へと担任の先生がノイローゼになって辞めていくので、一年で3回担任の先生が変わりました。まさに地獄。

(僕はいたって真面目な生徒でしたが、ヤンチャな子達に元々幼馴染が多かったため、飄々と立ち回ることができ、イジメのターゲットにはならずにすみました。)


生徒による暴力は教師にも容赦はありませんでした。当時、気弱で毛髪がかなり残念な30歳の国語の先生がいらっしゃったのですが、めちゃくちゃに生徒からイジられてたわけです。特に毛髪について。

th_sum-616
(トレンディエンジェルの斎藤さんに激似です)


そして、その先生はなんと実家暮らしでした。


ある時、ヤンチャな女子生徒の集団から、「お前男のくせに実家暮らしとかマジキモいねんけど!」と、罵られてまくっていたのをみて、図らずも「社会に出ても実家暮らしをしてる男はみっともない」という思考がインプットされました。


教師が女子生徒にメンタルフルボッコにされるという青春のワンシーンがちょっとしたトラウマになったおかげで、大学を卒業したら一人で生活するということを決断できたと思っています。


とりあえず何が言いたいかと言うと、実家暮らしの方。事実としてJCにもキモがられます。

実家暮らしの弊害

「とは言っても、実家暮らしだとお金が浮くし、経済的に余裕を持ってやりたいことに打ち込めるし」


などと甘えたことを抜かす人もたまにいるんですが、実は経済的なメリット以上に実家暮らしには決定的な弊害が存在します。


それは、親の考え方に染められてしまうことです。どれだけ染められまいと気をつけていても無意識的にそうなります。


ビジネスで成功するためにまず変えないといけないことはノウハウなどではなく、考え方です。より成功しやすい方法を見つけたとしても、考え方が低次元のままだと収入も低次元のまま変わりません。


なのに、実家で親の庇護の元にいると、親の思考が嫌というほど入ってきてしまいます。あなたのほとんどの決断は親に猛反対されるので、あなたの決断は驚くほど揺らぎます。あなたが変わろうとすればするほど、あなたの親は変わらないでいてほしいと願います。


そして、自分自身も親に食わしてもらってる分、強く言えないという意識が少なからずあるため、最終的には実家暮らしの90%近くの人間が過去の決断を取り下げるのです。


最終的には、自分の優柔不断を親への感謝という形にすり替えはじめます。恐ろしいです笑


黙って都会で一人暮らししろ

他人の判断基準で人生を送るというのは、他人の人生を生きることと等しいです。それは、あなたがあなたである理由がなくなるということです。それほど虚しいことはない。自分の人生なんだから自分で責任とって、自分の意思で切り開いてみてはどうでしょうか。


もし、自立した生活を決断したのなら、僕は東京か大阪をオススメします。日本で一番多くの文化、価値観に触れられる場所だから。


おすすめ記事

関連記事

Menu

HOME

TOP