りゅうけん
どうも、ITエンジニアのりゅうけんです!

「これからエンジニアとしてフリーランスを目指したいけど、一体何をどうすりゃいいのかわかんない」
って人も多いんじゃないでしょうか。

そこ今回は、ホワイトSESを経営する連続起業家の張さん(@chotokugi)に、フリーランスエンジニアとして活躍するために必要なことや、今後どういう人材に仕事が集まってくるのかについて、「SES経営者としての目線」でありのままに語ってもらいました!

この記事でわかること
  • フリーランスエンジニアの魅力
  • どんな人に仕事が集まるのか
  • エンジニアとしてのキャリア育てる為に必要なこと
僕と張さんはエンジニアアップデートという参加者500名超のオンラインエンジニアコミュニティも運営しているので、どういう人がエンジニアとして活躍できるのかってある程度分かっちゃうんですよね。なので、その知見を皆さんに色々シェアできればと。

「これからフリーランスを目指したい」「未経験からエンジニアになって活躍したい」って方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

張さん
【登場人物プロフィール】
張 ホワイトSES経営者(@chotokugi)
「SES=ブラック」の固定概念を吹き飛ばすため「ホワイトSES事業」を立ち上げ、株式会社IVIシステムズを設立する。
"SES業界にイノベーションを起こす"をモットーにTwitterやYouTubeで発信活動を行っている。
エンジニア向けのオンラインコミュニティ「エンジニアアップデート」のオーナー。

【著者プロフィール】
やまもとりゅうけん(@ryukke)
WEB/ITコンサルのワンダフルワイフ株式会社代表取締役。
新卒で東証一部上場企業にプログラマーとして就職したのち、27歳でフリーランスエンジニアとして独立し、サイバーエージェント大阪支店等に勤務。
現在は日本最大規模の複業コミュニティ「人生逃げ切りサロン」を開設し、3年間で参加者5000名超まで拡大させる。

フリーランスエンジニアの醍醐味は「選択」ができること。


ぼく
今日は「フリーランスエンジニアを目指す人」に向けて色々と語ってもらいたいです!

張さん
株式会社IVIシステムズの代表を務める張です!
はい!なんでも聞いてください!
張さんの経営するIVIシステムズについてこちらの記事でも紹介しています▼

「選択できること」が人生を豊にする


ぼく
僕もずっとフリーランスエンジニアとして活動してきましたが、張さんの考えるフリーランスエンジニアの魅力って何だと思いますか?

張さん
フリーランスエンジニアの一番の魅力は「選択できること」だと思っています。
スキルさえあれば時間と場所を選ばずに働けますし、"働く国"さえも自由に選べますので。

張さん
僕は連続起業家として、これまでたくさんの事業を展開しては売却してきましたが、常に「選択できる人生」を一番のモットーとして掲げていました。

張さん
例えば「自分がどんな働き方をしたいのか」や「どんな言語で、どんな国で働きたいのか」など。
自分で自由に選択できることが、一番人生を豊にするのです。

ぼく
素晴らしい!
ただ、「自由な働き方」に漠然と憧れてるだけの人は多いですよね。
自由な働き方をしたいと思ってても、具体的にどんなことをすればいいのかや、どんな働き方を目指せばいいのかが分かっていない人も多いなと。

まずは「自由な働き方をしてる人」を見つけろ


張さん
そうですね。
具体的なイメージが湧かないなら、実際に「自由に仕事をしてる人」に会うのがいいと思います。
なぜなら、最初に「自由な働き方」に対する明確なイメージを持っていないと、絶対にそこへたどり着けないからです。

張さん
例えばオンラインサロンでもプログラミングスクールでも、イベントでもZOOMセミナーでも、何でもいいです。
とにかく情報や人に触れていかねばなりません。

ぼく
たしかに、まずは真似事から入るっていうのはビジネスの鉄則ですもんね。

張さん
まさに!りゅうけんさんの言う通り!
エンジニアに限らずビジネス全般で言えることですが、まずは上手くいっているモデルを真似するところから始まるんです。

張さん
自分がやりたいことをいきなりオリジナルの方法で現実化するのって、相当大変なんですよ。
だからこそ、成功しているモデルや結果が出ている人をまず真似てみることが大事です。
すると、どんどんと自分の理想に近づいていきますから。
POINT
  • フリーランスエンジニアの魅力は「選択」ができること
  • 自由な選択こそが人生を豊にする
  • まずは自由な働き方を実現している人に会うことが大事

プログラミングスクールを出ただけではフリーランスエンジニアになれない


ぼく
最近、未経験からフリーランスエンジニアを目指すための手段として「プログラミングスクール」を活用する人が増えたんじゃないかと思います。
ですが、プログラミングスクールを卒業後にすぐフリーランスとして独立できるものなんでしょうか?

必要なプロセスを省いてフリーランスにはなれない


張さん
結論から言ってしまうと、プログラミングスクールを卒業しただけですぐにフリーランスになるのは難しいと思いますね。

ぼく
まあ、そりゃそうですよねw

張さん
最近はSNSでエンジニアに関する発信活動をする人が増えてきましたが、そこでよく言われるのが、「誰でもすぐにフリーランスエンジニアになれる!」という発信内容です。

張さん
もちろん「フリーランスエンジニアになれない」というわけではありませんが、多くの人は「必要なプロセスをショートカットしてフリーランスになれる」という解釈をしてしまうんです。

ぼく
たしかにそれはある。
さすがに多少の実務経験を積まないと、即戦力として採用されるのは難しいですよね。

 スキルだけではなく、人間力を高める


張さん
もちろんプログラミングスクールで学ぶことは悪くありませんが、スクールを卒業してからもしっかり学び続けられる環境が必要です。

張さん
例えば、スクールで学んだスキルを活かしてオリジナルの成果物を作るとか、既にエンジニアとして活躍されている先輩に会って話を聞いてみるとか。

張さん
フリーランスで仕事を取るためには当然技術も必要ですが、それよりも圧倒的な行動と修正のサイクルが必要です。

ぼく
なるほど。
じゃあスキルは二の次ということでしょうか?

張さん
そうですね!
僕が実際にそうだったので(笑)
スクールでただスキルを身につけただけでフリーランスとして仕事を取るのは難しいと思います。

張さん
あと、フリーランスで成功する人は、やはり人間力が高いです。
「人間力」というと、感謝、感激、感動が高いレベルでできる人。
スキルと同時に、こういった人間力も磨いていくことが、フリーランスになるための近道じゃないかと思います。
POINT
  • プログラミングスクールを卒業しただけでフリーランスになるのは難しい
  • スクールを卒業しても学び続ける姿勢が大事
  • 必要なのは圧倒的な行動と修正のサイクルを回していくこと

優秀なエンジニアにさらに仕事が集まる時代へ


ぼく
張さんは現在SESの会社を経営されていると思いますが、そんな張さんから見て、今後どういったエンジニアが企業に求められてくると思われますか?

デキるやつに仕事が集まっていく


張さん
今後はより一層、優秀なエンジニアにどんどんと案件が集中していくと思いますね。
現在新型コロナウイルスの影響で多くの案件がリモートワーク化してきていますが、素人が一人でリモートの仕事を取るのはかなり難しいです。

ぼく
たしかに、フルリモートって一部の限られたエンジニアにしか許されない領域ですよね。
企業側も初心者に毛が生えたレベルのエンジニアにフルリモートで仕事をまかすのは流石に厳しいだろうしw

張さん
そうですよね。
ただリモート化が進む中で、デキる人には仕事が集まるようになると思うんですよ。

張さん
りゅうけんさんもおっしゃる通り、リモート化が進むと初心者に仕事を任せにくくなるじゃないですか。
ということは、リモート化が進めば「リモートでも仕事を任せられる優秀な人材」に仕事が集まるようになるんです。

ぼく
なるほど!
つまり、優秀になれば案件が切れないし、これから仕事がかなり舞い込んでくるようになる可能性があるってことですね。

張さん
はい!
なので、人によってはチャンスが溢れかえった状態になると思います。

努力できない人は淘汰されていく


張さん
逆に今後は、何も努力せずにチャンスを"ただ待つだけ"の人がどんどん淘汰されていく時代になるでしょう。

張さん
僕も人材の会社を経営しているので分かりますが、使えない人を「30万円」で紹介してもらうより、優秀な人を「100万円」で紹介してもらう方が結果的にパフォーマンスが良かったりします。
それくらい優秀な人に価値が出てきてますし、優秀な人材はバンバン求められていますね。

ぼく
そこまでいけば、こっちが案件を選べるようになりますね!

張さん
間違いありません!
なので、しっかりとやっていけばチャンスだらけです。
POINT
  • 企業のリモート化が進むと優秀なエンジニアに仕事が集まっていく
  • 初心者がフルリモートで働くのはハードルが高い

自分のキャリアについて相談できる場所を作ろう!


ぼく
ではこれからフリーランスエンジニアを目指す場合、具体的にどんなことをした方がいいのでしょうか?

利害関係のないコミュニティに入るべき理由


張さん
まずはエンジニアとして自分のキャリアを誰かに相談したり、アドバイスをもらえたりする環境を作る必要があります。
もっと言うと、利害関係のないコミュニティに所属した方がいいですね。

ぼく
ふむふむ、僕も参加者5,000名超の人生逃げ切りサロンを運営してますが、なぜ利害関係のないコミュニティがいいんですか?

張さん
最近はオンラインサロンの数も増えましたが、サロンのように仲間意識を持って利害関係なく互いに切磋琢磨できる環境は、めちゃくちゃ貴重だと思うんですよ。

張さん
なぜなら、プログラミングスクールやエージェントはあくまで営利企業であって、利害が絡むと純粋な人生相談がしにくくなるからです。
エンジニアであるあなたの行動は、彼らの利益の源泉となりますからね。

張さん
なので、本来自分が辿るべきではない道を提案されたりする可能性もあるのです。
エージェントやスクールは、エンジニアに仕事を紹介すればするほど自社の実績や売上に繋がりますからね。

ぼく
それはありますね!
もちろん親身に相談してくれるところもあるかもだけど、あくまでエージェントとかって、相談しに行く場所じゃなくて利用しにいく場所なんですよね。

張さん
さすがりゅうけんさん!
だからこそ、自分のキャリアが相談できる環境を、"利害の絡むことのないコミュニティで"作る必要があるんです。

エンジニア向けのオンラインコミュニティを活用し倒せ


張さん
例えば、僕はりゅうけんさんと共同でエンジニアアップデートというオンラインコミュニティを運営しています。
そこでは、フリーランスを目指すエンジニアたちが、"利害関係なく"お互いに相談しあったり、切磋琢磨したりして学べるような環境が整備されています。
エンジニアアップデートに関する詳細はこちらでも紹介しています▼

ぼく
ですです!
コミュニティへの参加は無料ですしね!

張さん
はい!
エンジニアアップデートでは、実際に現場で活躍している人がどんな風に仕事してるのかも見れます。
プログラミングスクールだと「コードを書く」という作業こそできますが、エンジニアがどんな仕事をしてるのかを横で見たりはできません。

張さん
なお、海外のエンジニアも在籍しているので、日本にとどまらず世界ではどういう基準なのかについても学んでいけますよ!

ぼく
あとたしか、案件紹介もあるんでしたよね...?

張さん
はい!
僕が経営するホワイトSES企業のIVIシステムズにて、案件は随時出てきますよ。
案件紹介だけでなく、弊社のマネージャーによるスキルシートの添削や面談のサポートもあります。

張さん
それに、今後は東京上野のオフィスでオフラインのイベントをやったり、飲み会やZOOMセミナーなどもバンバン展開したりしていく予定です。

ぼく
それはすごい!w
ただ、これを見てる人は「なんでそこまでやってて無料なの?」って不思議に感じると思うんですよね。
その辺を説明してもらえますか?

張さん
結論を言うと、IT業界の底上げをすれば、自分のところに利益が戻ってくるのが分かっているからですね。
仮にエンジニアアップデートを出た人が活躍すれば、僕たちにも間接的に利益が出るので、まずは自分の利益よりも困っている人のサポートに専念したいんです。

ぼく
そうですね!
なので、エンジニアアップデートからたくさん活躍できるエンジニアが出てきて欲しい!w
POINT
  • エンジニアはキャリアについて相談できる環境が必要
  • エージェントやスクールは相談する場所ではない
  • エンジニアアップデートなら参加費無料で利害関係のないコミュニティに参加できる

さいごに:成長していくためには「人に与える」ことが重要


ぼく
では最後に、これからフリーランスエンジニアとして活躍したいと考えている方に向けて一言お願いできますでしょうか?

張さん
これからフリーランスエンジニアとしてステップアップするためには、自分が培ってきたノウハウをどんどん共有していくことが重要です。

張さん
自分が学んだことを自分の中だけに留めていてはいけません。
例えば誰かの勉強をサポートするとか、SNSで役立つ情報を配信するとか。 そうやって自分の得た知識を開示していけば、どんどんフェーズが上がるんです。

ぼく
それはめちゃくちゃ分かる気がします。
やっぱり良い人脈も良い仕事も、やっぱ相手に何かを与えられる人のところへ集まってきますよね。

張さん
おっしゃる通り。
人生を豊かにするには、与える人間になることが大事です。
自分の失敗談も成功談も、全部が他の人のためになるので。 

ぼく
間違いない!
「勉強になります!」みたいなコメントばっか残すよりも、コミュニティの為になるような情報を発信してもらった方が、オーナーの記憶にも残りやすいですよね!

張さん
はい笑
あとは、とにかく何でもいいから「野望」を持つことも大事ですね。

例えばお金持ちになりたいとか、自由になりたいとか、親孝行をしたいとか。

張さん
野望を持っておけば、それを叶えるために努力が必要だということに気づけます。
自分で学ぶ意識を持って行動する意欲のある人なら、その先なんとでもなりますからね!

まとめ

エンジニアは「儲かる専門職」ではあるものの、プログラミングスクールを出ただけじゃ簡単に就職できないし、フリーランスとして独立することもできません。

だからこそ、ただスキルを詰め込むだけじゃなく、ちゃんと「人間力」のようなヒューマンスキルを磨かないといけないし、互いに相談したりアドバイスし合ったりできるような環境を作ることが大事です。

なお、今回記事でも紹介したエンジニアアップデートは、参加者が一体となってコミュニティを盛り上げる「メンバー参加型」のようなスタイルを取っています。これからフリーランスエンジニアを目指したいという方は、ぜひエンジニアアップデートにもご参加ください。

 

エンジニアになるならプログラミングスクールから

いま、未経験からエンジニアを目指すのであれば、就職サポートが付帯しているプログラミングスクールを選ぶのがベストです。

なんと、ほんの数ヶ月あればエンジニアに転身できてしまいます。そして、2〜3年現場で経験を積めば、フリーランスエンジニアとして独立し、年収1000万円も十分達成可能。

ここでは、受講スタイル(オンライン・オフラインなど)、学習内容、料金体系などから各社の強みをまとめてみました。エンジニアという働き方に可能性を感じていらっしゃる方はぜひご一読ください。

詳細はこちらから

おすすめの記事