「自分ってマメな性格じゃないんですよねー。」


と言っておけば、真面目に努力することから逃げられると思ってる人は多い。「自分は大雑把な性格だから、細かいところまで目が行き届かなくて当然だ。」って言いたいんでしょう。


まあ気持ちはわかるんだけど、僕から言わせると、マメじゃない人なんていません。マメにすることの価値をわかってない人はいますけど。


お茶碗の米粒の数数えてみろ

228fb2e00af4ca2303ef5afffde833c5
「今からお茶碗にモリモリの米粒の数をひとつひとつ正確に数えてみろ!」


といきなり言われたらどう思いますか?めっちゃだるいでしょ!自称「マメじゃない性格」のあなたなら発狂しますよね。


だけど、お茶碗の米粒の数をひとつひとつ正確に数えきれたら1億円プレゼント!って言われたらどうでしょう。


どれだけ時間がかかろうが、それはそれは丁寧に必死のパッチで数え切るでしょうね。


だって、米粒の数を数えることの価値がわかっちゃったんですもの。


価値がわかれば何だってできる

やるかやらないかなんて、好きか嫌いかじゃないです。価値がわかったかどうかです。


価値がわかればたとえ嫌いなものでも無意識的に好きになれるんですよ。先の話で言えば、自然と米粒を数えることに生きがいとか感じ始めます。


価値がわかった時点で、脳はやるべきことを好きになろうと勝手に努力してくれるんです。脳科学者みたいなこと言うてもたけど。


やるべきことは価値をわかろうとする努力

私たちが一番やるべきことは、価値をわかろうとする努力です。


一見面倒くさそうに見えることの先に、大きな価値が存在していることが非常に多いんです。だから、価値をわからないともったいない。


ブログなんてまさにそうですよ。毎日毎日記事を書き続けても全く稼ぎにならないし、正直めちゃくちゃ面倒くさい作業です。しかし、1年2年とせっせと更新を続けた先に、検索流入は積み上がり、個人の影響力は拡大し、多くの人の問題解決に貢献し、指数関数的に伸びていく収益源としてブログを成長させることができる。


その未来をはっきりと知覚できた時、記事をひたすら更新することの価値がわかります。


特に文章を書くのが好きなわけでもないのに、月に50本も60本も記事更新する人っているじゃないですか。彼らは、「価値がわかった」んですよ。


結果が出てない時期から、成功している未来の輝かしい自分の姿をはっきり想像できているということです。そして、そのイメージの具体性こそが価値の理解の度合いと言えます。


価値がわかればチャンスが掴める

最初から価値がわかることなんてほとんどありません。いまや日本人の7割近くが愛用するiPhoneも、およそ10年前初めて日本にやってきた頃、その可能性がわかった人なんてどれくらいいたでしょうか。当時の世間一般の認識は、 [ガラケー >>>> |超えられない壁| >>>> iPhone] だったと思います。


しかし、iPhoneの価値に日本で一番最初に気づき、行動を起こしたのがソフトバンクの孫さんなわけですよ。後は言わんとすることはわかりますよね。


ホンモノの価値というものは私たちに歩み寄ってきてくれません。普段からアンテナを張り、自ら情報を取得していこうとする人間だけが、早期にその価値を見抜くことができます。


まだ誰も見抜けていない価値(=チャンス)を掴もうとするならば、「誰でも理解できるようなチャンスが大したチャンスなわけがない」ということを普段から意識しておきましょう。その上で、価値の理解につとめるのです。

最強の初心者向けプログラミング学習教材

プログラミングを独学でやりはじめると高確率で挫折します。では、いつ挫折するか。それは、教材のテキストに書いてある通りに演習を進めても教材通りに進まなかった時です。

最強の初心者向けプログラミング学習教材「Skill Hacks」では、全コンテンツが動画であるため、見よう見まねに進めても演習を終わらせることができます。さらに、24時間体制の手厚いQAサポートまで付いていて、まさに挫折しようがないサービス設計。

プログラミングで人生変えたいなら、その入り口は「Skill Hacks」で。プログラミングスクールに通う前の前段としての活用も効果的。

詳細はこちらから

おすすめの記事