たまにめちゃくちゃ気持ちの悪い営業マンっていませんか?


NHKの受信料の徴収担当、ネットワークビジネスやってる友達、保険マン。。


素晴らしい人格を持ち、誠実にビジネスを展開されてる方ももちろん沢山いますが、たまに常軌を逸したキモさのヤツがいるわけですよ。


僕の知人にも変なやつがいました。


彼はかつて、やぶから棒に、「面白い投資ビジネスの話がある!お前なら絶対成功できるから伝えたい!」とメールしてきたんです。


そんな大事な話、せめて電話でしてこいよと思ったのはおいといて。


彼とはそこまで仲が良かったわけではないですが、彼の気持ちに応えてあげるのは礼儀だと思ったのでとりあえず時間を作って概要を聞いてみました。しかし、結局興味がわかずお断りしたのです。彼は非常に残念がっていたので、少し申し訳ないことをしたなと思いました。


そして、半年後、再びやぶから棒に彼からメールが届きました。


「最先端の技術を使ったインターネットの確定申告サービスを開発した人と知り合った!」「これは絶対に稼げるから一緒にこのサービスの代理店営業になろう!」


僕は「え?」と思いました。


あの投資の話はどうなったのかと。すぐに問いただしてみました。すると、


「あれは稼げないことがわかった。」「今度のやつは絶対にホンモノだと思う!」


とのこと。


正直、あきれ返りました。「あれだけ一緒に成功しよう!」って言っておいて、たった半年でやめたんかいなとw


可能性の低いと感じたものを切り捨てて、新しいものをチョイスする柔軟性はあって良いけど、ちょっとくらい前回のことで詫びがあってもいいんじゃないのと。


だってもし、僕がそのビジネスを彼と一緒にやることを選択していたら、一瞬で裏切られてたわけでしょ。その時点で僕は彼を見限りました。


そしてさらに半年後、驚くべきことに、彼がその代理店事業もやめて実家に帰ったと風のうわさで聞いたのです。もうなんか残念な人生だなあと。


もちろん、その「最先端の技術を利用した確定申告サービス」とやらは今全く流行ってません。freeeは流行ってますけど。


あなたの周りでもこういう人いませんか?今回は彼らの精神性とそのキモさを徹底的に分析してみました。


理念がない

彼らは目標と計画を立て、さらにそれを実行に移すバイタリティも持っています。ほとんどの人は、そもそも行動なんてしないですから、その点、彼らは優秀です。


しかし、彼らは何のためにそれをやるのか、何のためにそれを他人に伝えるのかという問いに対して明確な答えがありません。そのため、提案を受けた側からすると、「どうせお金のためなんでしょ?」とか、「自分を利用しようとしているんじゃないの?」とか思ってしまうわけです。


結局人は理念に共感するからこそ、モノやサービスを買ったりするし、「この人についていけば自己実現できるかも!」と思うからコミットするわけです。


そんな姿勢では、提案が受け入れられるはずがなく、結果にもつながりません。そうして、結果の出ない時期が長くなってくると、モチベーションを維持できずフェードアウトしてしまいます。


ビジョンがない

彼らには目指す目標もありません。せいぜい、自分がお金を稼ぎたい、自分が自由になりたいくらいの意識しかないでしょう。友達と成功したいと言うわりに、その姿勢が全く伝わってこないんです。


結局それは、自分の承認欲求を満たしたいだけであって、モチベーションの質は非常に低いのです。そのため、ささいな障害が起きただけで気持ちはすぐに折れてしまいます。


努力を持続させるための具体的なノウハウについてはこちら。

共感力が低い

気持ち悪い営業マンはとにかく、クライアントに対する共感力が低いです。


冒頭の僕の知人の話でいうと、半年前にあれだけ熱を込めて提案してきたビジネスをケロッと辞めてたことに対して詫びの一言くらいはあってもいいはずです。僕がそのビジネスをやっていたらあっさり裏切られていたわけですから。


共感力があまりに低すぎて、自分が信用を失っているということにも気がついていないわけです。「裏切り」があまりに日常化しているのかもしれません。


ビジネスに限らず、そのような人と「何かを一緒にする」というのはやめた方がいいです。


センスが悪い

最後に、ホンモノを見抜く力が非常に弱いということが挙げられます。これには運もあります。いつも質の悪いチャンスを引き当ててしまうという星に生まれてしまっているのかもしれません。


できる対策としては、情報源を確かなものにすることです。権威のある機関が出す情報しか信用しないこと。


センスが悪い人ほど、2ちゃんねるまとめとか信用してます。2ちゃんねるは信用してないけど、まとまった瞬間信じますw 信じられないことですが、本当にそのような人は存在するんですよね。


「合法的な詐欺」というものがこの世には存在しまくっているので、確かな情報源から知識を身につけ、理論武装しておくことはとても重要です。

まとめ

何度もあれやこれやと手段を変える人間の特徴は、自分が成功しないのは手段や環境が悪いからだと思っていることです。


自分が成功しないのは、自分の姿勢が悪いからということに気がついていない。成功するに足る人物にまだ自分がなっていないということです。


成功を望む前に、他人に不快な思いをさせないだけの人間性を身につけることが先決ではないでしょうか。

最強の初心者向けプログラミング学習教材

プログラミングを独学でやりはじめると高確率で挫折します。では、いつ挫折するか。それは、教材のテキストに書いてある通りに演習を進めても教材通りに進まなかった時です。

最強の初心者向けプログラミング学習教材「Skill Hacks」では、全コンテンツが動画であるため、見よう見まねに進めても演習を終わらせることができます。さらに、24時間体制の手厚いQAサポートまで付いていて、まさに挫折しようがないサービス設計。

プログラミングで人生変えたいなら、その入り口は「Skill Hacks」で。

詳細はこちらから

おすすめの記事