ブログ始めたことだし、山本もGoogleアドセンスで人生初の広告収入とやらを取ってみようということで一念発起。


しかし、ググればググるほど、Googleアドセンスの審査に受かるのは至難の技だ的な内容の記事に遭遇し、ぶっちゃけめっちゃビビりました。





山本:「あー無理だ無理だ。絶対俺なんかが受かるわけない。まあとりあえず審査受けてみるだけ受けてみるか。どうせお祈りされるだけだろうけど。。」





ところが、審査開始より2日後、サイドバーにアドセンス広告がばっちり表示されていたのを見た瞬間心の中で、




_人人人人人人人人人人人_
> どんなもんじゃい! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄




と叫んでやりました。





審査基準について

「Googleアドセンスの審査受かるとか無理ゲー」派の記事に書かれていた内容をざっくり以下にまとめてみました。

・一ヶ月以上ブログを運営してないとダメ
・一次審査はパスできても、二次審査はかなり厳しい
・他のサイトへのリンクを一つでも貼ってたらダメ
・SNSへのリンクもダメ
・他の広告が貼ってたらもちろんダメ
・記事数は800文字以上を10記事以上書いてないとダメ
・毎日投稿してないとダメ
・反社会的な内容(エロ、暴力)があったらダメ
・管理人への連絡先が明記されてないとダメ


これだけみると、相当メンタルやられますからね。受かる気はしなくなる。


さらに、これだけの基準をクリアしても受からないから、審査を通過するためだけのダミーサイトを用意する人までいて、「なんなんだこの世界」と思いました。



山本がとった審査対策

→諦めました。対策しても仕方がない。

なぜならば、

・そもそも一ヶ月もブログ運営してない
・他サイトへのリンクダメと言われても、テーマに最初からくっついてるSNSボタンとかどうしたらいいのかわからない
・インスタに投稿した写真をサイドバーと同期する設定はお気に入りなので削除したくない
・記事は9記事しか書いてないし、最初の投稿なんて文字数100切ってる
・毎日投稿なんてとんでもない。


ということで、わからないものはわからないし、譲れないものは譲れない。何度審査に落ちても、受かりにくくなることはないそうなので、結局、ありのままの姿で審査を受けてみました。


こちらから→ Googleアドセンス登録


そしたらすんなり受かってしまったわけです。拍子抜けもいいとこ。



まとめ

おそらくですが、何度やっても受からない人は、


そうとう面白くない記事ばっかり書いてるんだと思います。


ググってると、これやったら受かるあれやったら受かるの方法論についつい執着しがちだと思います。そのせいで肝心のコンテンツの内容が薄くなってしまってることが原因なのでは。あ、初心者がでしゃばってすんませんw


当サイトはちなみに以下の状態で審査をクリアしました。

・Twitterのリンクを貼っていた
・Facebookのリンクを貼っていた
・LINE@のリンクを貼っていた
・インスタに投稿した写真がサイドバーに表示されるようにしていた
・記事数は9。平均文字数は700~800くらい
・他の広告は貼っていなかった。
・記事内でニコ動の動画リンクとか貼ってた
・500PV/日くらい


Googleアドセンスで収益化してみたい他の初心者ブロガーさんも、あまり難しく考えすぎず、とりあえず審査にチャレンジしてみたらいいと思います。受かるから。

最強の初心者向けプログラミング学習教材

プログラミングを独学でやりはじめると高確率で挫折します。では、いつ挫折するか。それは、教材のテキストに書いてある通りに演習を進めても教材通りに進まなかった時です。

最強の初心者向けプログラミング学習教材「Skill Hacks」では、全コンテンツが動画であるため、見よう見まねに進めても演習を終わらせることができます。さらに、24時間体制の手厚いQAサポートまで付いていて、まさに挫折しようがないサービス設計。

プログラミングで人生変えたいなら、その入り口は「Skill Hacks」で。

詳細はこちらから

おすすめの記事