WordPressブロガーがGoogleアナリティクスで重視すべき指標とその改善策


Wordpressでのブログ運営は、「はてなブログ」や「ライブドアブログ」などのブログポータルと比べてアクセスが稼ぎにくいとされています。


ブログポータルの場合は、ポータル自体に一定数の周遊客が存在します。はてなの新着エントリーとか常にウォッチしている暇な人が沢山いるので、そこまでかっちりファン作りをしなくても、ちょっと尖ったオピニオン記事を書けばすぐにバズってくれるのです。


ところが、Wordpressの場合はそうはいきません。ブログポータルのような周遊客が存在しないからです。ブログポータルがショッピングモールなら、Wordpressは個人商店のようなものです。ソーシャルでフォロワーになってくれている人か、検索でたまたまヒットした場合にしか記事を読みに来てくれることはありません。


「Wordpressダメじゃん。。」と思うかもしれませんが、押さえるべきポイントをしっかり押さえていれば、Wordpressでも安定的なアクセスを得ることは可能です。確かにWordpressは初心者向けではないかもしれませんが、ブログポータルでのブログ運営よりはるかに制約が少なく、クリエイティブにブログビジネスを展開できるので、僕は「Wordpress推し」なんですよね。


今日は、Wordpressブロガーが健全にブログを運営していくために、まず押さえておくべき指標とその改善策について解説していこうと思います。


WordPressブログにおける最も重要な指標:ページ/セッション

WordPressでブログを運営するなら、一番重視するべきは「ページ/セッション」でしょう。


「ページ/セッション」とは、サイトにアクセスしたユーザーが平均何ページ閲覧してくれるかという指標です。この数値を上げれば、ブログのアクセスを急激に伸ばすことも可能です。ちなみに、当ブログはこの数値が8月現在「2.0」をマークしており、個人ブログではけっこう高い方です。

スクリーンショット 2016-08-07 19.26.58

Wordpressブログの場合、読み手は検索からの流入が主となります。彼らは、自分が欲しい商品やサービスについてググったら、たまたまあなたの記事がヒットしてアクセスしてみただけなので、まずあなたに興味はありません。ヒットしたその記事を読んだらすぐに離脱するでしょう。


しかし、彼らがサイトをつい回遊したくなるような仕組みを作り、あなたの強いオピニオン記事に触れさせれば、その限りではありません。「何記事が読んでみたけど、なんかこのブロガー面白いじゃん。」と思わせることができれば勝ちです。検索を意識した記事を量産し、検索から流れてきたユーザーを、サイトを回遊させることでブログのファンにし、固定客化していくのがWordpressの基本的な戦略なのです。


そして、この「仕組み作り」には、ブログレイアウトの洗練による「外的なアプローチ」と、記事内容の洗練による「内的なアプローチ」の二種類が存在すると考えています。


外的なアプローチ:記事リンクを配置する

まずは、「外的なアプローチ」から解説していきましょう。


当ブログでは、記事の終わりに関連性の高い記事が自動的に表示され、その右側には自分のプロフィール記事へのリンクが見えるようにしています。(PCから見た場合)これだけで、「ページ/セッション」は0.2〜0.3ポイントくらいは上がります。

スクリーンショット 2016-08-07 19.15.30

オススメ記事リンクのレイアウトに正解はなく、ブログによって最適なレイアウトは変わってきます。Wordpressはデザインの自由度は、ブログポータルと比べると圧倒的に高いので、「ページ/セッション」をとことん追求するならやはりWordpressですね。


また、記事中にも過去記事リンクを積極的に貼っていきましょう。過去記事が現在の記事の内容を補足するようなものであれば、さらに「ページ/セッション」を上昇させることができます。


※当ブログは、Nobuoさんという方が作成された、「Principle」というWordpressテーマを使わせて頂いていて、オススメ記事リンクについてはこちらのサイトを参考に実装しています。


内的なアプローチ:記事に自分の解釈を織りまぜていく

次は、記事の内容を洗練するという「内的アプローチ」についてです。


「ページ/セッション」の数値を高めるためには、オピニオン記事に限らず、商品やサービスの紹介記事なども含む全ての記事に、「自分の解釈」をふんだんに織り交ぜていくことが重要です。


あなたの記事をもっと読みたいと思わせるには、あなたの「解釈」に興味を持ってもらう必要があるのです。そして、その「解釈」は世間一般のものからズレている方が良い。


「朝は早起きした方がよいのではないか」とか「英語は勉強した方がよいのではないか」みたいな普通の解釈は誰も求めていません。むしろ、「朝早起きして何の意味もないのではないか」とか「英語なんて勉強しなくても生きていけるのではないか」くらいの異質な解釈の方が読み手の注意を引きます。


さらにその論理を裏付けるあなたの過去の経験やエピソードがあれば、読み手はその突飛な論理に納得し、新たな「気づき」を得るんです。その結果、読み手はあなたのことをもっと知りたいと思い、サイトを回遊します。


トップブロガーである、イケダハヤトさんのこちらの記事とかまさにその典型ですね。


世間一般的には、京大を出たら大企業に就職するのが普通なわけです。この記事では、それとは真逆の主張をしながら、その論理の正当性を保証する過去の経験をしっかり書いています。だから、多くの人がイケダハヤトさんの「解釈」に興味を持つのでしょう。ちなみにイケダハヤトさんブログ「まだ東京で消耗してるの」の「ページ/セッション」は「2.5」近くあるらしいので、さすがと言わざるをえない。


さいごに:Wordpressをもっと有効活用していこう

Wordpressからはてなブログなどのブログポータルへ移行する人も多いのですが、一度ちょっと冷静になって考え直してみて欲しいなと思うんですよね。


彼らは、Wordpressブログには実はものすごい強みがあることに気づいていないんですよ。まあ、気づいていないというか、知ってるけど舐めてるというか。


WordPressでブログを運営する最大のメリットは「デザインの自由度が高いこと」です。はてなブログなんかだと、テーマを決めたらもういじれるところなんてほとんど残ってないじゃないですか。ところが、Wordpressだと裏の裏までいじりたい放題です。


みんなデザインを舐めすぎなんですが、デザイン一つで収益性はめちゃくちゃ変わりますからね。単に、見た目が綺麗になるとかその程度じゃないですよ。「ページ/セッション」だって、「平均セッション時間」だって、デザインによる影響が非常に大きいのです。


しかも、Wordpressだと、ブログポータルが課してる「出会い系のアフィリエイト禁止」みたいなくだらない制約も一切ないですからね。自由に稼ぎ散らかすなら絶対にWordpressです。まあ、最近ははてなブログで相当なアクセスを稼ぐブロガーが、Wordpressに移行するというのもトレンドみたいですから、一般的なブログポータルのブロガーもWordpress移行を考えざるえない時が近いうちにくるでしょうね。


※ 2016/10〜 ブログノウハウ関連記事はnoteの定期マガジンに移行します。月額500円で裏の裏まで暴露し倒してますので、ぜひご購読ください。


おすすめ記事

関連記事

noteでワンコイン配信開始!【りゅうけんの「稼ぐことしか考えないブログ論」】
ITでしたたかに生きる。りゅうけんの『人生逃げ切りITサロン』への参加はこちら。
まだ1日50円で消耗してるの?僕が低価格話題創出マーケティングをやらなかった理由
LINE@のステップメール機能が無料で入手できるのはココだけ。
アフィリエイトで稼ぐと嫌われる?清貧思想系雑記ブロガーを論破しようと思う。
ロボットIT雑食日記がなぜ毎月バズるのか考察してみた
【6月度ブログ収益:76195円】着々と収益伸びてます
バズを一切狙わないブログ運営のメリット
「炎上狙い乙」てwそんなのわざわざ狙うバカどこにいるのw発想力貧困すぎw
ブログの記事を圧倒的スピードで書くための重要な4つのポイント
マーケティング4.0をブログ運営に当てはめるとこうなる
Twitterでは言えない、絡む価値が限りなく無い人について
「大学生」が価値を生む場所って、風俗バイトとブログ以外にある?
月60万円稼げても僕がアフィリエイトに本気になれない理由
りゅうけんがあなたのブログの売り方をデザインします!(オンライン可)

Menu

HOME

TOP