マネジメント職に魅力を感じないエンジニアの30歳過ぎてからの身の振り方


どうも、文系出身フリーランスエンジニアのりゅうけんです。


これまで6年ほどIT業界を渡り歩いてきて、すごく思うんですけど、この世界、「30歳を過ぎたらマネジメントに回るべき」とかいう風潮あるじゃないですか。あれ、謎すぎませんか。


いやだって、マネジメントってただの上と下との調整役ですよ。いわゆる中間管理職なわけです。牛丼屋の店長と一緒。いや、むしろ牛丼盗み食いできない分、店長より微妙ですよ。何のうまみがあってそこ目指すの?


僕が新卒で入社した会社で言えば、「課長代理」とかいう中途半端なポジションがまさにそれでしたね。役職者だから残業代出ないっていう。毎日会社に泊まってるっていう。


「こうはなりたくない」と思える大人としては最高のロールモデルでした。ありがとうございます!あなた達のおかげで今の僕があります!


僕は、せっかくIT業界にエンジニアとして飛び込んだのなら、年齢関係なく、業界に居続ける限りは技術一本で勝負していきたいと思うんですよね。だって、プログラミングとかサーバとかネットワークってやればやるほど楽しいもん。それ以外の事やりたくないし。


これに共感した人だけ読み進めてみてください。今日は、30歳過ぎたエンジニアの身の振り方について語ろうと思います。


マネジメントスキルは汎用的であるが故にコモディティ

まず、「マネジメントスキルがあればどこに行っても通用するから身につけておいた方がいい説」ありますよね。それ、完全にズレてます。


どこへ行っても通用するスキルだったらわざわざIT業界で身につけなくていいんですよ。自分がIT業界にいる意味を自らぶち壊すなんて僕には理解できない。テニススクールに入ったのに、コートの横でずっと腕立て伏せしてる感じ。それ、家でやれよっていう。


マネジメント力とはつまり、調整力、交渉力、チームビルディング力です。ぶっちゃけ、そのスキルが得たいなら、ネットワークビジネスやってる方がよっぽど身につきます。あれ、めちゃくちゃ仕事できないと成功できませんからね。


IT業界だからこそ得られるスキルを極めましょうよ。じゃないとそこにいる意味がない。それ以外でも得られるスキルは他所で身につけてこればいいわけで。


マネジメントはキャリアの逃げ道

「おっさんになると管理する側に回らないと威厳が保てない問題」というのがあります。


というのも、最近の若手エンジニアって優秀なんですよ。彼らデジタルネイティブであり、新しい技術への感度も高い。おっさんエンジニア達の無駄に長い経験年数なんて彼らの前ではゴミみたいなものです。


大人になってからピアノをはじめた中年より、3歳からピアノやってる小学生の方が上手でしょ。技術の世界でも似たようなことが起こっています。


そうすると、若者に威厳を保ちたいおっさん達はマネジメントに回るしかなくなっていくわけです。さらに、年功序列とかいうシステムが彼らをサポートしてくれるもんだから、彼らはそこに甘んじますよね。半分以上の管理職は惰性で管理職やってるんじゃないですか。


僕だったらそのような消極的な理由でマネジメントやるくらいなら、さっさとIT業界から消えますけどね。ブログだけでも十分食えるので。まあ、彼らは辞めたら食ってけないので業界から離れられないと思いますが。


解決策その1:転職する

「どうしてもIT業界でマネジメントやりたい!」なんて人は好きにしたら良いと思いますが、ずっと純粋に技術屋でいたいと思う人も多いはずです。むしろ、そっちの方が多いんじゃないですか。コミュ力低めの人とか特に。


じゃあ、彼らはどうすればいいのか。一つは転職することです。一つの会社で年次が上がると、どうしても責任が大きくなってマネジメント職に移行させられるので、転職することで責任をリセットすればいいんですよ。


「マネージャー募集」なんてクソくらえです。「エンジニア募集」してるところに応募しましょう。


求人サービスは以下がオススメですが、これらのエージェント企業は超優秀なので、「前職の給与水準より高い案件のみ出してくれ」と言っても、よしなに仕事探してきてくれますよ。


解決策その2:フリーランスになる

フリーランスは基本的にマネジメントをしてる人達から、システム構築ないしは運用の仕事を請ける立場なので、ずっと技術のことだけ考えていられます。また、どんな技術を学んで、どんな仕事を請けるかも自分の短期的なスパンで自分で決定していけるので、非常に機動力が高くなります。


僕も27歳の時に独立し、現在フリーランスエンジニアとして活動していますが、ほんっとに、働きやすい!


やることさえやってれば残業なんてしなくても誰にも咎められないし、会社と対等な立場なので悩みのネタになるような上司もいないし最高です。しかも、報酬はサラリーマンエンジニアの3倍近くにまでなりますからね。もはやフリーランスにならない理由がさっぱりわからないレベルです。


基本的には常駐型のフルタイム出勤の案件が多いですが、リモートワークが可能な非常駐型の案件にも参画することは十分可能です。最近、新しいワークスタイルを取り入れる企業も増えてきましたからね。僕もリモートで仕事してますが、仕事を進める上で何の支障もないですよ。


これらのフリーランス向け求人サービスで理想の働き方を見つけてみてください。


エージェントと面談してみるとわかると思いますが、自分のスキルに適切なフリーランス案件の報酬基準が正社員のそれとは違い過ぎて、「うわっ…私の年収、低すぎ…」状態になること間違いなし。


解決策その3:自分のビジネスを持つ

諸悪の根源は実は、「マネジメントをさせられることを断れない自分」なんですよ。嫌なら嫌と断ればいいのに、断ったら出世できないとか、給料が上がらないとか、くだらないことばかりが脳裏をよぎって、はっきり言えないわけです。


出世とか給料とかどうでも良いと思えるくらい、自分のビジネスをちゃんと並行して持って、複数の収入源でリスク分散しましょうよ。そしたら、恐れるものはありません。いくらでも強く意思表示ができるし、本当にやりたい仕事が選択できるようになります。


僕が新卒で入社した会社を11ヶ月で辞めることができたのも、他に収入源があったからです。辞めることなんて何も怖くなかったですもん。


エンジニアはシステムを冗長化する前に、自分の人生を冗長化しましょう。収入源が一本しかないのは単一障害点です。だから、みんなもブログやろうぜ。


おすすめ記事

関連記事

「壮絶な経験」をしてきたやつを高く評価する風潮wwww
仕事辞めるタイミングで悩む時点で会社に生き方支配されてるよね
まだバイトで消耗してるの?時給3000円超の学生フリーランスエンジニアの働き方
イマドキフリーランスエンジニアが定時で帰ったらネチネチ詰められて即辞めた話
「サラリーマンかフリーランスか」という果てしない論争に終止符を打ってみた。
30代目前にフリーのWebエンジニアを目指す非技術者の生き方
新時代のフリーランスの仕事の探し方。人脈が必要な時代は変わりつつある。
先輩社員に「お前」って言われたから、僕は会社を辞めた。
クソ上司や劣悪な労働環境に悩みながらもフリーランスにならないエンジニアってドMなの?
文系学生がエンジニアを目指す前に知っていて欲しい3つのこと
ITフリーランス業界における東京と大阪の5つの相違点
インフラエンジニアが東京の高報酬基準でノマド化する唯一の方法
ITエンジニア兼プロブロガーのライフスタイル最強説
何で稼いでるのかわからないとよく言われるので、収入源まとめてみた。
いよいよ副業解禁!複数の収入源を持つ僕が副業で成功する人の特徴をまとめてみた

Menu

HOME

TOP