どうも、エンジニア兼投資家のりゅうけんです。


僕は基本的にウェルスナビを中心に使って資産運用してるんですが、他にも長期の積立投資に最適だと思う商品があるんですよね。


それが三菱UFJグループから新しく発表された「eMaxis Slim 米国株式(S&P 500)」です。


今回は、「eMaxis Slim 米国株式(S&P 500)」と「ウェルスナビ」を徹底比較して、どちらを選ぶべきかについて見ていこうと思います。

eMaxis Slim 米国株式(S&P 500)とは?




eMaxis Slim 米国株式(S&P500)とは、最近三菱UFJ国際投信が新しく発表した米国株を対象にとした投資信託です。


この商品は2018年7月3日付でSBI証券と楽天証券にて販売される予定なんですが、何と言っても安価な手数料且つS&P500をベンチマークにしてる所が魅力的なんですよね。


三菱UFJ国際投信は、今までも非常にコストの低い商品を多数展開しており、その中でも、「eMaxis Slim」シリーズは業界最安値クラス。


「eMaxis Slim」シリーズは、これまで日経平均や新興国株に分散投資できる商品は揃ってたんですが、今回S&P500を中心としたファンドがシリーズで初めて登場したわけです。これはアツいぞと。


eMaxis Slim米国株式(S&P500)の特徴とメリット

では、このeMaxis Slim 米国株式(S&P500)の特徴とメリットを同時に見ていきたいと思います。


バフェットも推奨のS&P500指数に連動した運用ができる

前述の通り、このeMaxis Slimは「S&P500指数」をベンチマークにしており、具体的には下の図のように米国の株式に分散投資を行う親ファンド「S&P500インデックスマザーファンド」を主とした運用を行うとされています。



S&P500といえばアメリカの代表的な500銘柄から構成される株価指数の事ですが、このファンドはS&Pの指数に連動した投資成果を目指そうというものです。


このように代表的な株価指数に連動した運用を「パッシブ運用」と言いますが、パッシブ運用は定めた範囲内で平均的に分散する事で、毎年安定的なリターンを期待できるんですね。なので、長期投資に向いてるわけです。


なお、そのS&P500指数のチャートを見ると2008年のリーマンショック以降、綺麗な右肩上がりを魅せてます。



そしてあの投資界のレジェンドであるウォーレンバフェットも、遺言には死後は自分の資産をS&P500に連動したインデックスファンドに投資するよう書いてる事もあって、S&P500はバフェットのお墨付きなのです。


また、S&P500を日本で買える投資信託は少ないんですよね。


日本だと「iFree S&P500インデックス」や「iシェアーズ米国株式インデックス」とかかな。ETFだと他にもっとあったりするんだろうけど。なので、日本の証券会社からS&Pが買えるこのeMaxis Slimはかなり貴重な存在となるでしょう。


手数料(信託報酬)が格段に安い

eMaxis Slimシリーズは他にもいろんなラインナップがあるって事は上で説明しましたが、基本的これらのシリーズ商品は全てノーロードファンドです。


ノーロードファンドとは買付手数料が掛からない投資信託の事で、この米国株式のeMaxis Slimも勿論ノーロードで買い付け手数料が無料で、運用会社へ手数料を支払う為の「信託報酬」もどれも0.1%台と超割安です。


で、今回発表された米国株式S&P500の方も信託報酬が日々の純資産総額に対して税込で年率0.1728%となってます。


この手数料を他と比較すると、上述した日本で買えるS&P500のファンド「iFree S&P500インデックス」が約0.24%、「iシェアーズ米国株式インデックス」が約0.4%でした。


なので、eMaxis Slimシリーズは業界内では破格の手数料率を誇っていると言えます。


このような投資信託での運用において、将来の運用パフォーマンスは自分でコントロールする事が出来ませんが、手数料費用だけは確実にコントロールする事が出来ます。よって、手数料が安ければ安い程長期の積立投資におけるメリットが大きくなるんです。


リバランスで資産配分を自動調整できる

このeMaxis Slimのように複数の資産に運用を分散した投資信託を「バランスファンド」と言いますが、このバランスファンドではリバランスが自動化されるメリットがあるんですね。


資産の割合を予め定めておいても、その資産価値の変動によって当初のバランスが崩れてしまいます。


そこで、分散効果を得る為には都度資産を調整しなければならなくて手間なのですが、バランスファンドでは下の図のように自動でリバランスしてくれます。



これによって自分が資産ポートフォリオを常に自らが定めた許容範囲内に収める事ができ、バランスファンドであれば調整における売却の課税は対象となりません。これはウェルスナビにはないメリット。


積立NISAにも対応

このeMaxis Slimは積立NISAの対象となっています。


積立NISAとは、毎年40万円までで最大20年間投資した際に生じた利益が非課税になる制度ですが、この制度を使って毎月積立られます。しかし、実際この積立NISAって年間40万円なので毎月の積立額で言うと3.3万円とかなんですよね。


それだと20年間で利益が出ても知れてるし、非課税枠をはるかに超えた額の投資を考えてる人にとっては微々たるものかもしれません。僕自身も積立NISA、NISAともに全く旨味を感じていません。


対してWealth Navi(ウェルスナビ)の特徴は?




さて、では以上を踏まえ、長期積立に最適で僕が以前からおすすめしていたウェルスナビはどうなのを簡単に見ていきます。


Wealth Navi(ウェルスナビ)のメリット

まずウェルスナビのメリットとして「運用の完全自動化」や「税金の最適化」が挙げられます。


運用全域を完全自動でやってくれる

ウェルスナビを利用する最大のメリットは「運用の完全自動化」だと言って良いでしょう。



上の図のように、ウェルスナビは従来の運用で必要であったポートフォリオや具体的な商品の選定、買い付けやリバランスなど、全て丸投げできるんですよね


積立ても機械的にやってくれたりするので、面倒な作業は全部ほったらかしにして自分は生産活動に集中できるわけです。これこそが僕がウェルスナビを選んだ最大の決め手です。


「DeTAX」で税金を最適化できる

また、ウェルスナビでは「DeTAX」という機能を使って運用に関する税金を最適化でき、これを使う事によって含み損を適切なタイミングで確定して利益と相殺してくれます。


これによって、税金を先送りに出来たりするので節税効果が図れるんですよね。


まあ、これも自分で節税しようと思えば出来ないこともないとは思うんですが、自分でやるとなるとそこに頭のリソース裂かないといけないので。ここも全部自動で行ってくれるってのがポイントです。


Wealth Navi(ウェルスナビ)のデメリット

一方、ウェルスナビのデメリットとしては「手数料が割高」な部分と「NISAが使えない」という点があります。


手数料が1%と割高

ウェルスナビを考える上で最もネックなのが手数料1%という部分でしょう。(預かり資産3000万円を超えた部分は0.5%)


さらにこの1%の手数料の上に信託報酬の手数料も0.11〜0.14%上乗せされるので、消費税合わすと実質1.2%程となります。


手数料1%台という水準は確かに安くない。だけど、ウェルスナビは完全自動化で自分の資産を運用してくれるから手間いらずなんですよね。だから僕はこの手数料の高さも許容範囲だと思ってます。


あと、上述したDeTAXの節税効果を織り込めば実質手数料を0.6〜0.8%程度に下げられるという見方もあります。(柴山CEO談)ま、そこらへんをどう見るかだと思います。


積立NISAが使えない

ウェルスナビは積立NISAが使えません。eMaxis Slimでは積立NISAが適用されるのですが、ウェルスナビはその対象から外れています。

ですが、上述したように積立NISAは枠が小さいので少額の投資でなければほぼ無視して良いレベルです。


ウェルスナビとeMaxis Slim米国株式(S&P500)の比較

以上がeMaxis Slimとウェルスナビについてでしたが、両者の比較表を下のようにざっとまとめました。



その運用手数料の違いは一目瞭然で安さを取るとすれば断然eMaxis Slimですが、高い手数料を払ってでも投資の利便性を取るならウェルスナビでしょう。


なお、ウェルスナビは国際分散投資を掲げていますが、米国債券や米国不動産、そしてアップルやマイクロソフトといった米国の主要株に投資するETFもメインに組み込まれているので、両者のポートフォリオにそこまで大差は無いでしょう。


あと少額の元手でコツコツと運用するなら、低い手数料で積立NISAが使えるeMaxis Slimも良いかもしれません。


まとめ:手軽さならウェルスナビ、手数料の安さならeMaxis Slim

結論、より手軽に投資したいなら「ウェルスナビ」で、とにかく手数料を抑えて運用したいなら「eMaxis Slim」でしょう。


僕の場合は運用の完全自動化の恩恵にあずかれるのであればウェルスナビの手数料1%なんて全然安いと思ってるんですが、この手数料と利便性の関係はトレードオフにあると思ってて、自分の手間と支払う手数料それぞれにどの程度の許容範囲があるのかじゃないかと思うんです。


もちろん資産運用においてコストを抑える事は当然と言えば当然なので、自分の本業の生産性を考慮して自分にベストな選択をして行きましょう。


eMaxis Slim 米国株式(S&P500)は7月3日よりSBI証券にて販売予定です。


最強の初心者向けプログラミング学習教材

プログラミングを独学でやりはじめると高確率で挫折します。では、いつ挫折するか。それは、教材のテキストに書いてある通りに演習を進めても教材通りに進まなかった時です。

最強の初心者向けプログラミング学習教材「Skill Hacks」では、全コンテンツが動画であるため、見よう見まねに進めても演習を終わらせることができます。さらに、24時間体制の手厚いQAサポートまで付いていて、まさに挫折しようがないサービス設計。

プログラミングで人生変えたいなら、その入り口は「Skill Hacks」で。

詳細はこちらから

おすすめの記事