どうも、りゅうけんです。今回は、僕がやってるオンラインサロン「人生逃げ切りサロン」でエンジニア転職し、いよいよフリーランスエンジニアにまでなっちゃった「わかやまゆうや」に寄稿頂きました。


元経理という、エンジニアとはほど遠いところから、よくここ2年ほどで転身したなと思います。素晴らしい。人生逃げ切りサロンに対するアツイ想いを語って頂けたので、参加を検討している方はぜひご覧ください。




どうも、インフラエンジニアのわかやまゆうや(@shaining224)です!


最近、未経験からエンジニアになったり、経験がそんなにないのにフリーランスエンジニアとして独立する方が増えていますよね。


僕自身も、2年前まで経理の仕事をしていましたが、将来性や待遇の違いからエンジニアに転向。派遣で経験を積んだのち、4月からフリーのAWSエンジニアとして独立することが決まりました!


学生時代は文系一本。


パソコンを触るのだってあまり得意じゃなかったんです。そんな僕が、なぜこんな短期間でフリーランスエンジニアになることができたのか?


たくさんの要因があるのは間違いないのですが、敢えて一つだけ挙げるとするなら「逃げ切りサロンに参加していたから」!


なんせサロンに入る前の僕は経理職に就いていました。サロンに入ったことをきっかけにエンジニアへ転向し、今の自分があるんです。


今日は、そんな僕を経理職からフリーランスエンジニアに生まれ変わらせてくれた人生逃げ切りサロンのメリットについて、エンジニアサイドから語っていこうと思ってますよ!

逃げ切りサロンとは?



もうこのブログを読んでおられる方にとっては当たり前のことかもしれませんが、念のため。逃げ切りサロンは、オーナーのやまもとさんが「人生を逃げ切る」ことをテーマに開設された、複業オンラインポータルコミュニティです。


参加者は800名を超え、ブロガー、エンジニア、youtuber、トレーダー、せどらーなど多種多様のジャンルの猛者が集結。


エンジニアに限って言えば、月収100万をゆうに超えるプロジェクトマネージャーさんや、バリバリのフリーランス、海外でリモートをしながら週3くらいでゆるっと仕事している人など。


正直自分だけの繋がりでは絶対出会えなかった方々と知り合いになることができます。


それで月額たったの1,980円とは、価格破壊としか言いようがありません。


※決済完了後、Paypalの登録メールアドレスに招待メールを送付しますので、必ず有効なメールアドレスにしておいてください。

逃げ切りサロンがオススメの理由について

僕は逃げ切りサロンが開設されたときから参加している初期メンバーです。


そのときから2年が経った今、エンジニアとして参加しておいて本当によかったと感じる点について説明していきますね。

逃げ切りサロンがオススメの理由1:未経験初心者でもアドバイスがもらえる!

エンジニアにこれからなろうとしている人や、少し興味があるような人の場合、最初って何をすればいいか分からないですよね?


例えば、未経験からエンジニアになる方法やフリーランスとして独立する方法というと様々な手段があります。
  • プログラミングスクールに通う
  • 動画の教材を使って勉強する
  • 勉強会に参加する
  • フリーランスエージェントに登録する
パッと挙げただけでもこんなにあります。


じゃあ、今の自分にとってどの道がより近道なんでしょう?これは、現在のスキルがどれくらいあるのかや、今の自分自身の状況、なりたいエンジニアの方向性などによって左右されます。


そんなの初心者の段階で判断できるわけがない!(笑)


僕もエンジニアになるところから、どんな道を通ればいいか、どんな勉強をしていけばいいかなど、分岐点に立つたびに相談させてもらってきました。


参加しているエンジニアも、現在進行形で挑戦中の人からベテランの人までいろいろな方がいるので、それぞれの立場に沿ったアドバイスがもらえますよ。


初心者のうちは自分であれこれ考えて動くより、こうして実績ある人に相談して素直に行動するほうが成長が早いと言われます。でも、自分の周囲にそんなにエンジニアっていないじゃないですか?なので自分のキャリア形成の意思決定を、アドバイスを参考にして行っていくということです。

逃げ切りサロンがオススメな理由2:スキルレベルで勉強できる・案件を紹介してもらえる環境がある

もちろんエンジニアになる前、そしてエンジニアになってからもキャリアアップするうえである程度の勉強は必要になってきます。


そのときにもまた、どんな手段を用いて勉強していくか検討する必要があるんですが、逃げ切りサロンの場合定期的にプログラミングやスキルを学ぶ勉強会などが開催されています。


この勉強会を利用しない手はないです。というより、僕はそれしか利用せずに今回フリーランスAWSエンジニアとして独立することができました!


といってもずっと開催されているわけでもないので、タイミングがよかったというのもありますね。勉強会でどんなことをしていたかと言うと、AWSについて実践的に使えるレベルを習得するため、AWSについて1から学んでいくという感じです。


勉強会という体ですが、カリキュラムは主催者の方がしっかり決めてくださっているので、僕は与えてもらった課題を必死にクリアしていく、というスタンスでした。


そして勉強会だけではなく、案件の紹介までしてくれる!


逃げ切りサロンにはそうしたエンジニアの案件を請け負う方々が集っているので、一般的なエージェントでは紹介されていない案件の募集がかかることもありますよ。


僕は今回勉強会を主催してくださった方の紹介でAWSの案件に携わることになりました。AWS未経験で月単価55万って、なかなかの破格じゃないですか?

逃げ切りサロンがオススメな理由3:エンジニアの横のつながりがたくさん作れる!

普通に会社でエンジニアで働いていると、仕事上でのつながりはある程度できると思うんです。


でも、仕事で作れるつながりって限界があるんですよね。なぜなら会社で働くエンジニアの目的は「つながりを作ること」ではないから。逃げ切りサロンなら、様々な雇用形態で働いているエンジニアと知り合えますし、キャリアも得意としているスキルも様々。


「つながりなんて持っていても何の役に立つんだ?」


って思う人もいるかもしれませんが、自分の他のエンジニアがどんなキャリアで来たのか知れるのはめちゃめちゃ大きいんです。だって自分とのキャリアの比較をすることができるじゃないですか。


同じ2年くらいのキャリア、スキルがあって待遇が全然違うなら、転職したり単価交渉する余地があるってことになります。


こういうのはなかなか会社のエンジニアでは話す機会が少ない。そういったキャリアの話をすることができる、エンジニアの横のつながりを逃げ切りサロンで作ることができます。


もちろん同じエンジニア同士、情報共有して得られるものはたくさんありますよね。サロン内でエンジニア向けのサービスを展開している方もいるので、僕が勉強会を利用したようにサービスをうまく使うのもアリですよ!


僕がAWSのフリーランスエンジニアになれたのは逃げ切りサロンのおかげ



僕は二年前、逃げ切りサロンに入る前はエンジニアと全く縁のない世界で生きてきました。そんな僕が、二年の時を経てフリーランスエンジニアになれたのは、他でもなく逃げ切りサロンのおかげだと思ってます。


未経験からエンジニアに大阪でなりたいと思ったときは、サロンにいる方々にどんな手段を選択したらいいかを相談したうえで、派遣という道を選びました。


そしてネットワークエンジニアの設計構築を一年間経験し、次の仕事をチョイスするときも相談に乗ってもらいました。さらに一年後。サロン内での勉強会を利用し、AWSの知識をつけたことで、ついにフリーランスエンジニアになることができたんです!


エンジニアになるとき、フリーランスエンジニアになることを目指すと決めたとき、それぞれで背中を押してくれたサロンメンバーには本当に感謝しています。

サロンを活かすも殺すもあなた次第!



ただ、ここまで書いてきて言うのもなんですが、逃げ切りサロンに入ったら誰もがフリーランスエンジニアになれるというわけではもちろんありません。


サロンとか勉強会は、あくまで本人の意欲があってこそ真価を発揮するものです。何も調べてないのに答えを求めて他人に聞きまくる人や、努力を続けられない人には向いていないと思います。


でもそうではなく、強い意志を持ってエンジニアになりたい!という人にとっては、逃げ切りサロンはこれ以上ない環境があります。


ぜひ、逃げ切りサロンを有効活用して、エンジニアへの道を切り開いてみてください!

※決済完了後、Paypalの登録メールアドレスに招待メールを送付しますので、必ず有効なメールアドレスにしておいてください。
いますぐフリーランスエンジニアになろう

● フリーランスエンジニアってかなりの技術力が必要じゃないの?
● フリーランスエンジニアって営業力が必要なんじゃないの?
● フリーランスエンジニアって不安定なんじゃないの

これらは全部誤解です。2~3年の現場経験があれば十分通用するし、年収800万円以上の高報酬でかつ、自由な働き方をチョイスできるのがフリーランスエンジニアという働き方。ここではエンジニアをサポートする最強の5社をまとめてみたので、ぜひ現役エンジニアの方はご一読ください。

詳細はこちらから

おすすめの記事