メンタリズムから考える経済格差〜低賃金重労働を選んだ時点で人生半分詰んでる〜


20代だとほとんどの人が、低賃金・重労働地獄に陥ってますが、彼らの何がヤバいかっていうと、「失敗できない状態」にあることだと思っています。


彼らは日々の生活に追われているため、お金も時間もこれ以上失えません。つまり、いつでも崖っぷち。


崖っぷちにいる人間は大きく二つに分かれます。一つは、ギリギリの生活でも満足できるよう自身の欲求をダウンサイズさせて対応する人。もう一方は、現状を変えたいと願い行動を起こす人。


前者は本人が諦めてるのでどうしようもないですが、後者であればワーキングプアから脱出できるかと言われれば、実はその可能性は限りなく低いです。いずれにせよ、低賃金・重労働という働き方を選んだ時点で人生半分くらい詰んでると言っていい。


今回はその理由について解説しようと思います。


崖っぷちクンは短期的利益しか追わない

現状を変えたいと強く願う、「崖っぷちクン」が何を考えるかというと、「いますぐ豊かになること」です。彼らは、今日の努力の結果を明日にでも受け取れないと気が済まないんです。


だって、下積みなんてしてたらいつ崖から転げ落ちるかわからないんですもん。余裕がない人は「待てない」んです。だからこそ、短期的利益を追求しがち。


そして、お分かりの通り、短期的利益しか見えてない人は何やってもうまくいきません。


例えば、ブログビジネスは、最初の3ヶ月で脱落する人が大半と言われています。これはつまり、大半が「最初の3ヶ月で十分な利益を得たい」と思っているということです。


3ヶ月程度じゃブログの場合、よっぽど才能のある人でなければ、目に見える結果を残すことなんてできません。下手すれば1円もお金にならなかったりします。努力報われてる感ゼロです。


多くの駆け出しブロガーはこの3ヶ月間を許容できる体力がない故に退場していくわけです。これはブロガーだけでなく、ユーチューバーなども含め、情報発信業界全般に言えること。収益化するまでかなり時間がかかりますからね。

崖っぷちクンは短期的利益も獲得できない

では、最初から短期利益を獲得しやすいFXなどをやればいいのではないかという話もあるんですが、これも大抵失敗します。


彼らはそもそも十分な運用資金を用意することができないため、満足いくレベルの利益を出そうと思えば、レバレッジを上げてリスクを取る必要があります。


ところが、生活に余裕がない彼らに「失敗」の二文字はありません。彼らは、「すぐに稼ぎたいけどリスクは極力負いたくない」んです。


すると彼らはどういった行動に出るかというと、損失を恐れて「損切りしない」という選択をします。


で、損切りしないとどうなるかというと、微妙なところで買ったドル円の価格が暴落し、いつか上がるだろうと思って持ち続けてたら一向に戻らず、大量の含み損を抱えた末、強制ロスカットで証拠金ぶっとび、みたいな事態に陥ります。


要するに、彼らに何やらしてもダメなんですよ。月収25万円切ってる人なんかは特にこの傾向が強いです。大体結果出る前に何かしらの理由をつけてやめる。しかも、詐欺にも引っかかりやすいっていう。


崖っぷちクンはまず状況を変えること

富めるものがより富み、貧しいものがますます貧しくなるのって、僕はこういうことなんじゃないかと思っています。


生活に余裕のない人は、構造上、長期的な目線でビジネスを捉えられず、目先の利益に固執するが故、成功を遠ざけてしまう。一方、すでに豊かな人間は、時間を味方にすることができるため、歩みは遅くとも着実に成果を積み上げていくことができる。


経済格差の根本ってここにあるんじゃないかと思うわけですよ。


じゃあ、貧しい人はどうすればいいかというと、本業の労働を最適化するしかないと思っています。スピリチュアルなおっさんが好きそうなメンタルマネジメントなんか要らないですよ。あんなの気休めでしかありません。


より稼げる仕事につくか、より時間的余裕のある仕事につくかのどちらか。だからこそ、転職または独立といった選択が有効になってくるということです。


エンジニアであればフリーランスになれば収入が2倍3倍になるのは当たり前だし、IT業界以外でも、50代未満は転職すればほとんどの確率で収入が増えるという統計もあります。


要はまず、状況を整えろということなんですよ。そして、それはさほど難しくない。失敗できる余裕を身につけることに全力を注ぐべし。


次に読まれている記事

関連記事

Menu

HOME

TOP