【今さら聞けない】大学生がプログラミングを学ぶべき理由!今やらないと損します


どうも、やまもとりゅうけん(@ryukke)です。
「大学生のうちにプログラミングを学んでおいた方が良い...?」
「大学生がプログラミングを学ぶメリットが知りたい」
「プログラミングで稼げるって本当...?」

大学生のうちにプログラミングを学ぶべきか悩んでいませんか?遊びたい気持ちを我慢して、プログラミングを勉強するのって気が進まないかもしれません。

ですが、はじめに断言しておきます。学生はマジでプログラミングを学んでおいた方が良いです。
プログラミングの開発実績が少しでもあれば就活は無双できますし、学んだスキルを使えばそこらへんのアルバイトより高時給で稼げます。

これほど市場価値が高くてコスパの良いスキルは他にないですから。

この記事では、大学生がプログラミングを学ぶメリットとスクールが最適である理由を解説します。
この記事で分かること
  • 大学生でプログラミングを学ぶメリット
  • スクールでプログラミングを学ぶべき理由
  • おすすめのプログラミングスクール
プログラミングスキルを身につけた状態で就活のスタートダッシュを切れれば、1〜2年後には月収60〜80万円だって狙えるでしょう。そのための第1歩として、この記事を参考にしてみてください。

【著者プロフィール】
やまもとりゅうけん(@ryukke)
WEB/ITコンサルのワンダフルワイフ株式会社代表取締役。 新卒で東証一部上場企業にプログラマーとして就職したのち、27歳でフリーランスエンジニアとして独立し、サイバーエージェント大阪支店等に勤務。 現在は日本最大規模の複業コミュニティ「人生逃げ切りサロン」を開設し、3年間で参加者5000名超まで拡大させる。
無料でプログラミングを学ぶならこちら▼

優秀な大学生は学生のうちに市場価値の高いスキルを身につける

優秀な大学生ほど、在学中に市場価値の高いスキルを身につけています。プログラミングなんて最たる例ですから。
さらに、学んだプログラミングスキルを使ってホームページの制作やアプリ開発で稼いだ経験があれば、企業からそれなりの技術力があると見なされます。就活でも無双できちゃうんじゃないでしょうか。

勉強してスキルを身につけるよりも、アルバイトで少しでも学費を賄った方が良いでしょ。
と思う人もいるかもしれません。ですが、ぶっちゃけ長期的に見ると、アルバイトってめちゃめちゃ非効率なんですよ。

時給1,000円ほどのために時間を削って頑張っても、資産になるスキルは身につかないですし、アルバイトなんて大抵の人がやっているじゃないですか。

それよりも、プログラミングなどの社会的に需要のあるスキルを身につけて、周りの学生と差別化を図る。そして、フリーランスになって何かサービスを作るなり、高収入が見込める企業に入るなりした方が良いです。

そのためにも、学生で時間に余裕があるうちに市場価値の高いスキルを手に入れておくべきです。

大学生がプログラミングを学ぶメリット2つ

僕が大学生に戻れるなら、真っ先にプログラミングを学びます。それほどプログラミングを学ぶメリットがあるわけで。詳細をこれから説明していきます。
  1. 時給の高いプログラミングのバイトで働ける
  2. 新卒時から高収入を狙える

メリット1:時給の高いプログラミングのバイトができる

プログラミングのバイトって一般的な飲食のアルバイトに比べると高時給です。例えば、スクールのメンターなら時給1,500円くらい。
働きながらプログラミングのスキルも身につけられるので、就活でIT企業を狙っている学生には一石二鳥なんじゃないかと。

ちょっとここで、大学生の頃に学んだプログラミングスキルで稼いでいた友人の例をお話しします。

僕の友人に迫くん(@yuki_99_s)という学生ながらもフリーランスエンジニアをしていた子がいまして。彼は学生時代にクラウドソーシングを利用してアプリ開発などの受託開発をしていました。

その頃の報酬金額を時給換算すると、なんと3,000円超とのこと。一般サラリーマンよりもめちゃめちゃ良い時給です。

しかも彼、今は年商10億円の社長です。半端じゃないくらい成長しました。。

なお、以下では学生フリーランスエンジニアの頃に話を聞いた内容を別の記事で解説しているので、興味のある人は見てみてください。

メリット2:新卒時から高収入を狙える

実務で通用するプログラミングスキルを学生のうちに身につけておけば、新卒でも高収入を狙えます。
有名なメガベンチャー企業だと、新卒でもエンジニアの年収は400~500万円ほど。

それに日本では新卒カードが強力でして、ポテンシャル採用だけでも大手企業に就職できるのは新卒だけ。中途だと未経験者は見向きもされません。

新卒でプログラミングスキルも備えておけば、就職戦線をスタートダッシュできるんじゃないでしょうか。

プログラミングを学ぶならスクールがおすすめの理由3つ

じゃあ、どうやってプログラミングを学べばいいかと言うと、プログラミングスクールを利用するのがおすすめです。挫折することなく、効率的に身につけたいならなおさら。詳細を順に説明していきます。
  1. 仲間ができるため
  2. 効率的に学べるため
  3. 就職サポートを受けられるため

理由1:仲間ができるため

プログラミングって継続して学習するのが非常に難しいです。僕の体感では独学で始めた人の90%は挫折します。

1人で学習を継続するのは、よっぽどストイックな人間でないと無理。

プログラミングスクールだと、未経験でプログラミングを学びたい人が集まってスタートじゃないですか。一緒に始める人がいると、独学でやるよりもモチベーションが保ちやすいです。
教えあったり、就職先の情報交換しあったりできますし、エンジニアになりたいアツい人が多いので学ぶには最適な環境なんじゃないかと。

理由2:学習効率が向上する

独学よりもプログラミングスクールの方が、時間を無駄にすることなく効率的に学べます。
1人でプログラミングを勉強しようと思ったら、何の言語から始めればいいのか、実務で必要な技術がどれなのか、全く分からなくないですか。

スクールのカリキュラムでは、実務で通用するレベルまで最短で到達できるように組んでもらえます。

専任の講師もついているので、エラーでつまづいた時はすぐ聞けますし、挫折することなく学べるでしょう。

理由3:就職サポートを受けられるため

最近のプログラミングスクールは、「ただプログラミングを分かりやすく教えてくれる場所」ではなく、就職サポートも網羅されています。

就職サポートを利用して1ヶ月で就職できた人もいるので、まともに就活をするよりもはるかに楽なんじゃないかと。

スクールは受講生のスキルやキャリア設計を考慮して優良企業を選定してくれるので、学生が自力で企業を探すよりも合理的です。
自分で探すよりもブラックな会社には当たりにくいんじゃないですかね。

早く就職して実務経験を積みたいなら、プログラミングスクールの就職サポートを利用した方が早いです。

大学生におすすめのプログラミングスクールの選び方2つ

どのプログラミングスクールを選べばいいのか、ポイントを2つ解説します。
  1. 講師が現役のエンジニアであるか
  2. 就職のサポートをしてくれるか

選び方1:講師が現役のエンジニアであるか

学ぶなら現役エンジニアが講師を務めているスクールにするべきです。
現役エンジニアの生の声が聞けますし、情報の鮮度も高いんですよね。さらに実務で役に立つ技術やノウハウ、実際の現場についても聞けます。

どうせ学ぶなら現役エンジニアから学べる環境にしましょう。

選び方2:就職のサポートをしてくれるか

プログラミング学習と就職サポートがセットで受けられるスクールを選んだ方が良いです。
スクールなら専属のキャリアプランナーがいるので、何も知らなくても最適なキャリアプランを提案してもらえます。さらに履歴書の添削や面談対策までしっかり対応してくれるし。

就職サポートしてくれるスクールを選んでおけば間違いないです。

大学生がプログラミングを学ぶならGEEKJOBがおすすめ

学習内容 サーバ、ネットワーク、クラウドインフラ、
データベース等のインフラ技術の基礎知識
期間 1〜3ヶ月
価格 無料
受講形式 オンライン
備考 20代限定(大学生も受講可)
大学生がプログラミングを学ぶためにスクールを利用するなら、GEEK JOBがおすすめです。
GEEK JOBのコースは「スピード転職コース」「プレミアム転職コース」「教養コース」の3つあり、受講料が完全無料なのが「スピード転職コース」です。

受講料がタダなのに、就職支援も受けられるという驚きのサービスでして。講師は現場経験豊富なエンジニアが務めているので、講師の質も問題なし。

ただし、公式サイトでは大学生NGと記載されています。GEEK JOBの運営元に取材したところ、新卒の案件があれば、大学3年の冬からでもスピード転職コースを受講できるとのことでした。

逆に新卒向けの就職先が紹介しにくい時は、教養コースを勧められるかもしれません。受講する前に大学生でも受講できるか確認した方が良いでしょう。

別の記事でもGEEK JOBの「スピード転職コース」について、僕が取材した内容をまとめていますので、見てみてください。

まとめ:稼ぎたい大学生はバイトを辞めてプログラミングを学ぼう

大学生のうちにプログラミングは学んでおいた方が良いです。
身につけたスキルで高時給のアルバイトにありつけますし、就活にも大いに役立ちます。

社会人になってからやろうと思っても、仕事の後に勉強するのってマジでつらすぎ。時間に余裕のある大学生がプログラミングを学ばない理由はないんじゃないですかね。

GEEK JOBでは、無料カウンセリングを受け付けています。プログラミングを学んだらどんなキャリアがあるのか、そもそもエンジニアって何やるのか、気軽に聞きに行ってみましょうよ。

今、努力して年収1,000万円目指せる道を選ぶのか、手取り17万円ほどのサラリーマンになるかあなた次第ですから。

エンジニアになるならプログラミングスクールから

いま、未経験からエンジニアを目指すのであれば、就職サポートが付帯しているプログラミングスクールを選ぶのがベストです。

なんと、ほんの数ヶ月あればエンジニアに転身できてしまいます。そして、2〜3年現場で経験を積めば、フリーランスエンジニアとして独立し、年収1000万円も十分達成可能。

ここでは、受講スタイル(オンライン・オフラインなど)、学習内容、料金体系などから各社の強みをまとめてみました。エンジニアという働き方に可能性を感じていらっしゃる方はぜひご一読ください。

詳細はこちらから

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事