動画でも話してるので、文章読むのが面倒な方は動画をラジオ的に耳で聞いてもらえればと思います▲


どうも、りゅうけん(@ryukke)です。


今回はRaiseTechというプログラミングスクールを運営されているエナミコウジさん(@koujienami)をお招きし、副業エンジニアとして月に5万円稼ぐための方法論について対談しました。


先に僕の方から結論を言っちゃうと、今特にアツいとされてる副業が「WordPress」なんですよね。


WordPressはグローバルに見てもかなり標準的な技術です。既存サイトをWordPressに移行するだけでも単価が10万円超えたりするっていう。


そこで今回は、エナミさんにWordPressで稼ぐ方法について根掘り葉掘り聞いてます。これから副業で稼いでいきたい方や、WordPressに特化したスキルを身につけたいって方は是非参考にして頂ければと思います。

【※人生逃げ切りサロンメンバー限定※】
今なら人生逃げ切りサロンのメンバー限定で、RaiseTechの「WordPress副業コース」でかかる受講料が26万1,800円から“19万8,000円”に大幅割引きされます!

いますぐ登録したい方はこちら

副業でエンジニアやるならWordPress(ワードプレス)がおすすめ


ぼく
エンジニアやプログラマーとして副業で稼ぐなら現場に入るのが一番早いと思ってるんですが、本業でエンジニアをやるのが難しい人も多いじゃないですか。

ぼく
例えば学生や主婦のように、事情があって本業でエンジニアになれない人も一定数いると思うんですが、そういう人も副業エンジニアとして稼げるんですか?

エナミさん
副業でエンジニアを目指すなら、何か特定の技術に特化していくのが良いと思いますね。

エナミさん
僕はRaiseTechというオンライン型のエンジニアリングスクールを運営しながらエンジニアを育ててますが、とりあえずエンジニアとして現場に入って経験を積んでいくのが確かに最も再現性が高くて手っ取り早いです。
RaiseTechとは?
RaiseTechとは、最速で稼げるエンジニアになるための実践的なエンジニアスクール。
現役エンジニアのみが講師を務め、JavaやAWS、WordPressなど、稼ぐに直結したスキルを学べることで定評がある。

エナミさん
エンジニアを本業にしたい人はそれで良いでしょうが、止むに止まれぬ事情がある方はどうしても時間の捻出が難しいんですよね。
なのでそういった方は、エンジニアを目指すというよりも、特定の分野に特化した技術を身につけて、まずは「月5〜10万円を副業で稼いでみる」ってことにコミットした方が良いと思うんですよね。

ぼく
うんうん、その方が良いかも。

エナミさん
今ってせどりとか動画編集とか、色んな副業があるけど、せどりなら「せどりのスキル」、動画編集なら「動画編集のスキル」といった“一つの技術”を使ってますよね。

エナミさん
他にもデザインスキルがある人ならイラストやアイコン、サムネイルの制作に特化してみても良いと思うんですが、Web制作に特化するなら「WordPress」を扱うのがおすすめです。
WordPressとは?
WordPress(ワードプレス)とは、PHPで開発されているブログソフトウェアのこと。
WordPressは「コンテンツ・マネジメント・システム(CMS)」とも呼ばれており、世界のWebサイトの30%以上がWordPressによって構築されているという発表もある。

ぼく
なるほど!
確かにWordPressは「特にデザインスキルなんかは習得してない」って方にうってつけかもしれないですね。
僕の主宰する「人生逃げ切りサロン」には主婦の方が結構参加してくれてますが、彼女たちに子供がいる状態でバリバリのプログラマーになれとは言えないし、WordPressならちょうど良いかも。

WordPress(ワードプレス)なら構築や制作の知識さえあれば副業として成立する


ぼく
WordPressの案件を獲得するには、大体どれくらいのレベルまでプログラミングを理解してないといけないんですか?

エナミさん
案件によってもちろん差はあります。
ですが既存のサイトをWordPressに移行するだなら、プログラムの知識がなくてもWordPress化のための作法が理解できてれば誰でも出来ます。

エナミさん
高単価な案件だと一からサイトを制作したり、オリジナルテーマを作ったりする必要がありますが、既存サイトをWordPressに移行するだけでも副業として十分成立するし、結構そこに需要があるんですよね。

エナミさん
もちろんある程度WordPressのプラグインに関する知識やHTMLの基礎は必要ですが、プログラミングがバリバリできないといけないようなレベル感ではないですね。

ぼく
ほうほう、副業エンジニアと言ってもエンジニアの要素はさほど大きくなくて、操作方法を理解していれば大丈夫って感じなんですね。

エナミさん
実はRaiseTechでも「WordPress副業コース」をこの間リリースしましたが、そこではWordPressのテーマを作るのに必要なプログラムや技術をメインに学んでもらっていて、PHPやHTML、CSSは基礎の部分しか触れていません。

ぼく
大体プログラミング系の講座ってプログラミング言語をガッツリやりだした途端に挫折する人が多いですよねwww

エナミさん
多分みなさんそうだと思うんですよ。
PHPをガッツリやると挫折しそうになりますが、WordPressなら入り口のハードルが低くて始めやすいんです。
最初はコピペが多くなるでしょうが、後々コピペした中身を理解しながら学習できますからね。

ぼく
それなら何かしら事情がある人でも副業として取り組めそうですね。

副業でWordPress(ワードプレス)の制作・構築をやってどれくらい稼げるのか


ぼく
実際にWordPressの案件ってどれくらい稼げるんですか?

エナミさん
既存のサイトをWordPressに移行するような案件だと、10万円を超えるものもありますね。
大体それくらいの規模感からスタートしますが、関東だと月60〜80万円規模の案件があります。

ぼく
思ったより高いw

エナミさん
RaiseTechの講師にYATさん(@yat8823jp)という方がいますが、彼は月単価80万円のWordPress案件も受けてます。

ぼく
ヤバいですね!
それはサーバー移転とかですか?

エナミさん
移転だけでなく、テーマの作り込みもやるみたいですね。
WordPressではオリジナルのテーマも作れますが、テンプレートを使えばデザインを当て込んでいくだけで良いんですよね。
大体入れるプラグインも決まってくるので、慣れれば相当なスピードで作れます。
WordPressの「テーマ」とは?
テーマとはWebサイト全体のテンプレートのことで、テーマを変更するだけでサイト内のデザインや機能をカスタマイズしたり変更したりできる。

副業でWordPress(ワードプレス)を扱うならテーマを作れるようになろう


ぼく
RaiseTechの「WordPress副業コース」を受講すると、テーマを作り込めるようにもなるんですか?

エナミさん
そうですね。
RaiseTechの「WordPress副業コース」ではWordPressのテーマを一から全部作ってもらいます。
テーマを1から作るので、基本的な開発知識以外にも、サイトの構成からテーマ開発まで全て1通り学んでもらえますね。
WordPress副業コースで習得できる技術
  • 基本的な開発知識
  • Webサイトの構成
  • コーディング
  • WordPressの概要
  • WordPressのテーマ開発
  • WordPressテンプレート

ぼく
それめっちゃいいですね。
マナブさん(@manabubannai)も自分のブログのテーマを作って販売してましたが、結構テーマを作りたがってるインフルエンサーも多いし、テーマを作りたい人と組んで自分のスキルを売れば割と稼げそうですね。

ぼく
そこらへんのインフルエンサーを一匹捕まえて「俺にテーマを作らせろ!」ってお願いすれば結構売れるかなと!w

エナミさん
www
そういうテーマの売り方もアリですね。
テーマ案件は個人だけじゃなく企業から貰えたりもするし、とにかく幅広いと思います。

エナミさん
なお、WordPress副業コースの講師であるYATさんは自身でオリジナルテーマを作ったりプラグイン開発をしたりしているレベルの人なので、バンバン質問してもらえればなと思ってます!

副業でWordPress(ワードプレス)のスキルを身につけた後のキャリアについて


ぼく
あと、WordPressに関するスキルを身につけた後のキャリアってどうなんですか?

エナミさん
僕の知る限り、どちらかと言えばみんな「Web制作」に特化していきますね。
ある程度PHPが触れてWordPressのテーマも作れるような人は、バリバリWebアプリを作るというよりも、HTMLやCSS、JavaScriptといったようなフロントエンド側で仕事をする人が多いかなと。

ぼく
なるほど。
じゃあWebデザイナーの方向に進む人が多いんですね。

「WordPressはレベルが低い」という嘘


ぼく
あと、「WordPressはレベルが低い説」みたいなのってあるじゃないですか。
WordPressなんて誰でもできるし、レベル低いやろみたいな。
あれって本当なんですか?

エナミさん
全くそんなことないですねw
ただ、僕は「レベルが低い」と言われることを良い意味で捉えてます。

エナミさん
低レベルな低単価案件があるということは、裏返すとスキルがなくても挑戦できるってことであって、それは案件の幅広さを指してるんですよね。
それに全部が全部低単価なものではなく、単価80万円の案件もあるんですよ。

ぼく
は、はちじゅうまんえんの案件が取れるってのは初耳でした!

エナミさん
WordPressに関する技術はグローバルに使われているので、決して低単価な案件しかないわけじゃありません。
その幅広さを活かして、WordPressやCMCの専門で貫いていくのもアリだと思います。
その後にデザインやプラグイン開発の分野に深堀りしても良いでしょうし、とにかく幅広いですね。

ぼく
確かにそうですね。
WordPressって一番スタンダードですからね。要はAWSみたいな。

エナミさん
そうなんですよ。
だからWordPressがレベル低いとは全く思わないですね。
ずっとバージョンアップされてるからめちゃくちゃ奥が深いですし、世界中から洗練されてるので技術的な付加価値も高いです。

WordPressで稼ぐならとにかくサイト運営者を捕まえまくれ


ぼく
今後の就職を見据えて技術を身につけておきたい学生なら、WordPressのスキルを身につけとくと良いでしょうね。
PHPも学べるし、そのままWordPressのエンジニアとして突き進んだりもできるだろうし。

エナミさん
WordPressの知識があれば、ブログやアフィリエイトを始めたいような人のお手伝いするだけで2〜3万円稼げたりもできますからね。
そこで本人に代わってサイトのセットアップしたり、運用費用をもらうだけでもお金になるので。

エナミさん
例えばそこで、「初期費用無料で良いので、毎月5,000円で運用のメンテナンスやらせてください!」って感じで言ってみても良いかなと。
そしたら、サイト運営者を10人捕まえるだけで5万円になりますよね。

ぼく
ぼろい儲けすねw
じゃあRaiseTechの講義を受けた後に僕のオンラインサロンに入って、ウチのサロンにいる駆け出しブロガーに「WordPressのテーマ2〜3万円で作れますよ!」って感じで営業すれば、すげえオリジナルティあるサイトを作れてお金も稼げますね。

運用案件を取って運用費用を稼いでいくのも選択肢の一つ


エナミさん
あと、サイトを運営していると絶対に「運用コスト」がかかるので、そのメンテナンスを手伝ったりもできますよね。

ぼく
あー、メンテナンスも需要あると思いますね。
確かに定期的にアップデートがあってチェックするの面倒だし、アップデート後にどんな影響があるのかも気になるから、監視してくれる人がいればありがたいですw

エナミさん
ですよねw
メンテナンスを代行するだけでもいくらか報酬をもらえるので、そういう案件を取れば、自分がずっと動いてなくても毎月一定額の収入が得られます。

ぼく
それってサブスクっぽくなりますね。
運用の案件を10件くらい持ってればそれだけで月に30万円くらいになるだろうし、仮に自分が案件を捌き切れなくなったら、他に仕事を振って不労所得化できるし。

エナミさん
僕も実は昔WordPressの運用案件を3〜5件くらいやってて、月に20万円ほど稼いでました。
月1万2,000〜1万5,000円ほどの運用案件を5社抱えていたんですが、これだけで7万円は超えますからね。
仕事は実際に何か問題が起きた時に対応するだけなので、あまり自分が動くことがないんですよ。

エナミさん

向こうも一度運用要員を入れてしまうと外しにくいので、案件を取ったもん勝ちなんです。
だからそういう案件は「初期費用を無料」にしてでも獲得した方が良いんですよ。
初期費用が無料でも後々の運用費用で全て賄えるようになりますから。

今ならサロンメンバー限定で「WordPress副業コース」の受講料金が大幅値引き!


ぼく
ところでRaiseTechに何か限定のキャンペーンがあるって聞いたんですがw

エナミさん
はい!
えーとですね...。

エナミさん
今回は特別に、人生逃げ切りサロンのメンバー限定で通常26万1,800円(税込)のところを“19万8,000円”で提供させて頂きます。

ぼく
え、まじ!
6万3,000円も安くなるんですかw
確かRaiseTechは分割払いもできるから、それだと月1万円以下とかで受講できますね。

エナミさん
はいwww
りゅうけんさんには日頃からお世話になってるので、人生逃げ切りサロンのメンバー限定で提供させて頂こうと思います!

ぼく
なんかめっちゃステマっぽくなってる!www
いやー、ありがとうございます!

まとめ:副業でWordPress案件を獲得するならRaiseTechを受講しよう!


というわけでこれから副業で月5万円以上稼いでいきたいなら、WordPressのスキルを習得して案件を取っていくのがおすすめです。


副業やるならあれこれ手を付けるんじゃなくて、まずは特定の技術に特化していきましょうよと。


そこで、WordPressの技術をコスパ良く身につけていくのに最適なのがRaiseTech

RaiseTechの「WordPress副業コース」なら"稼ぐ"に直結した技術のみを集中的に学べるし、現役のエンジニアに質問し放題です。


特に僕のサロンメンバーは受講料金が大幅に値引きされるみたいなので、受講するならまさに“イマ”かなと。


是非この機会にWordPressのスキルを身につけて、副業でバンバン稼いでもらえればと思います。

エンジニアになるならプログラミングスクールから

いま、未経験からエンジニアを目指すのであれば、就職サポートが付帯しているプログラミングスクールを選ぶのがベストです。

なんと、ほんの数ヶ月あればエンジニアに転身できてしまいます。そして、2〜3年現場で経験を積めば、フリーランスエンジニアとして独立し、年収1000万円も十分達成可能。

ここでは、受講スタイル(オンライン・オフラインなど)、学習内容、料金体系などから各社の強みをまとめてみました。エンジニアという働き方に可能性を感じていらっしゃる方はぜひご一読ください。

詳細はこちらから

おすすめの記事