ぼく
どうも、りゅうけんです。
今回は、ワンダフルコードを受講して見事エンジニア転職に成功された海老名さん(@shohheyhey)に、ワンダフルコードの活用方法やぶっちゃけ話についてインタビューしていきました。

2020年の夏から僕の会社で新たにリリースされたワンダフルコードですが、まだ新しいこともあって受講生の評判って全然なかったんですよね...。

ワンダフルコードって、ぶっちゃけどうやねんと。

そこで今回、実際にワンダフルコードを受講してバリバリに結果を出されてる受講生さんに根掘り葉掘り聞いてます。

これからワンダフルコードを受講しようか悩んでた人は、ぜひ参考にしてみてください。

【著者プロフィール】
やまもとりゅうけん(@ryukke)
WEB/ITコンサルのワンダフルワイフ株式会社代表取締役。 新卒で東証一部上場企業にプログラマーとして就職したのち、27歳でフリーランスエンジニアとして独立し、サイバーエージェント大阪支店等に勤務。 現在は日本最大規模の複業コミュニティ「人生逃げ切りサロン」を開設し、3年間で参加者5000名超まで拡大させる。

未経験からエンジニアを目指したきっかけは「将来の不安」だった。


ぼく
海老名さん、本日はよろしくお願いします!
簡単に自己紹介をお願いできますか?

海老名さん
現在は正社員の介護士として働きながら大学院に通っている海老名です!
大学院は今年の春に卒業予定でして、その後はワンダフルコードを受講後に内定頂いた横浜のSler企業に就職する予定です!
Slerとは?
主にITシステムのコンサルティング、設計、開発、運用、ハードウェアの選定等を一括で請け負う事業を行う企業の総称。別名システムインテグレーターとも呼ばれる。

ぼく
おお、それはすごい!w
介護士として働きながら、完全未経験のプログラミングを学ぼうと思ったきっかけはなんだったんですか?

海老名さん
大きなきっかけは、介護士の仕事の将来性に不安があったことですね。
大学院へ入る前は柔道整復師の学校にも通って資格を取ってましたが、収入の部分で不安が大きかったんです...。

海老名さん
そう悩んでいた時、りゅうけんさんをはじめとするインフルエンサーさん達が「プログラミングは稼げるスキルだ」と発信されていて。
そこでプログラミングに興味を持ちましたね。

ぼく
なるほど!
たしかに、最近は海老名さんのように他職種からエンジニアを目指す方もかなり多いすよ!

ワンダフルコードは「キャリアに繋がるサポート」が充実している!


 

 

 

ぼく

数あるプログラミングスクールの中からなぜワンダフルコードを選んでくれたんですか?
プログラミングのスクールや教材って、既にたくさん出てると思うんですが...。



海老名さん
色々ありますが、ワンダフルコードなら自分と似たような考え方の受講生さんが多いだろうなと思えたし、キャリアの相談ができる環境も整っていると思えたことが大きな決め手ですかね!

大事なのは「キャリアに繋げられるかどうか」


海老名さん
実はワンダフルコードを受講する前は別のプログラミングスクールを受講してたんですが、そこがあまり自分に合っていなくて...。

ぼく
あ、そうだったんですか!?
なんでなんでしょう?

海老名さん
カリキュラム自体は良かったんですが、一人で学習するスタイルだったのと、気軽にキャリアを相談できる環境がほとんどなかったんです。
なので、受講終了後も今後のキャリアをどうすれば良いのか分からなくなっちゃったんですよね...。

ぼく
なるほど...。
プログラミングを学んでも、その後のキャリアに繋げられなかったら意味がないですもんね。

海老名さん
はい...。
ワンダフルコードなら自分と似たような価値観を持つ方達と繋がったり、キャリア相談に乗ったりしてもらえる環境があるので、自分の悩みを間違いなく解決してくれると思い受講しました!

ぼく
海老名さんの求める環境にマッチしてたんですね!

ワンダフルコードはサポート期間が"永久"!


海老名さん
もうひとつ魅力に感じたのは、サポート期間が永久であることです。

海老名さん
正直、受講前は「本当なのかな?」と不安に思っていたんですが、入ってみたらしっかり永久サポートが受けられました。

 

 

ぼく
満足してもらえて良かったです!
僕も信頼を置いている講師陣にサポートをお願いしてるので、その辺りは安心してもらえたらなと!

海老名さん
はい、十分満足しています!

ワンダフルコードの評判はぶっちゃけどう!?カリキュラムについて全部聞いた


ぼく
では、実際にワンダフルコードを受講してみてどうでしたか?
カリキュラムを受けてみて良かったところや、反対に足りなかったと感じた部分があれば、遠慮なくどんどん教えてください!

初心者でもカリキュラムを完走できる環境が整ってた


海老名さん
まず、メンターに質問ができる環境があったのはすごく良かったです!
そもそもプログラミングって自分だけで継続するのは難しいし、正直自分一人じゃカリキュラムを完走できないだろうなと思っていたので。

海老名さん
ですが、ワンダフルコードはプログラミングを学ぶうえで不安に感じる部分が全てカバーされていましたし、初心者でも講義を完走できる体制が整えられていました!

ぼく
そうなんですよね。
初心者からプログラミングを学ぶのは相当骨が折れる作業なので、メンターに頼れる仕組みを作っています!

現場でも使われる実践的な内容が学べる!


ぼく
ちなみにワンダフルコードで学べる言語は「Ruby」やAWS」がメインでしたが、受講してみてどうだったでしょうか?
Ruby・AWSとは?
Ruby:アプリケーションソフトウェアを作成するためのプログラミング言語のひとつ。
AWS:「アマゾンウェブサービス」の略称。Web上の様々なサービスへ瞬時にアクセスすることができるクラウドサービスプラットフォームの代表格。

海老名さん
元々受講していたプログラミングスクールで「Ruby」を学んでいたのですんなり入ってきましたね。
「AWS」は未経験でしたが、近い将来インフラもどんどんクラウド化していくだろうなと思っていたので、そこも学べてよかったです!

ぼく
なるほど!
別のプログラミングスクールで「Ruby」を学んでたんですね。
ワンダフルコードのカリキュラムでは、実務で使えるスキルを学べましたか?

海老名さん
現在ゆーやさん(@yu_nocode)のプログラミングオンラインサロン「私立探求学園」に入って共同開発を行ってますが、そこで扱っている内容のほとんどがワンダフルコードで学んだ内容だったんです!
なのでまだ実務経験はありませんが、現場レベルのスキルを学べてるんだろうなと実感しました!
私立探求学園とは?
エンジニア出身のゆーやさんが運営するオンラインサロン。プログラミングを学びたい方やエンジニア就職を目指す方のためのポータルコミュニティ。

海老名さん
なお、サロンでの共同開発では緻密なテキストでのコミュニケーションが行われるんですが、ワンダフルコードで教えてもらったコミュニケーションの方法がかなり役立っています!
質問の仕方や相談の仕方なども色々教わりました。

ぼく
役に立って良かったです!
テキストベースのコミュニケーションって結構相違が起こりやすいので、その辺りも勉強しておくと良いですよね!

手厚いサポートがモチベーション維持にも繋がる!


ぼく
受講を終えてみて、ワンダフルコードのサポートには満足できましたか?

海老名さん
大満足です!
メンターの方も「バンバン質問してくださいね」というスタイルですし、かなり手厚いサポートが受けられました!

海老名さん
講座内にはメンターが複数人いらっしゃるので、質問すれば即レスだったのがありがたかったです。
やっぱり返信が遅いと内容を忘れちゃったり、やる気が続かなかったりするので...。
その点、ワンダフルコードではそういうことが一切なく、モチベーションの維持にも繋がりました。

海老名さん
あとプログラミングの内容が良いのはもちろん、物事の捉え方や新しいものを学習するときのマインドまでも教えて頂けました!

「内容に対するコスパはヤバイ」と定評


ぼく
じゃあぶっちゃけ、、、ワンダフルコードの内容に対する費用はどう感じましたか....?

海老名さん
はい、かなり費用対効果が高かったです!

海老名さん
元々受講していたプログラミングスクールと比較しても、内容やボリュームが濃くて大満足しています。
現在共同開発をしている「私立探求学園」のコミュニティ内で聞いても「ワンダフルコードの内容に対するコスパはヤバイ。」と言われましたね。

ぼく
おぉまじw
コスパにこだわっているのでそれは嬉しいです!
ありがとうございます!

就職先の相談やエントリーシート添削なども充実!


ぼく
海老名さんはワンダフルコードを学んでどうやってSIerに就職されたんですか?

海老名さん
就活当時は正社員兼大学院生だったので、新卒枠と中途枠の両方で採用試験を受けていましたが...
メンターにZOOMで就職先の相談に乗ってもらったり、エントリーシートの添削をしてもらったりしたおかげで、無事新卒枠でSler企業へ内定を頂きました!

ぼく
おめでとうございます!
メンターのサポートをしっかり就職に役立ててくれていますね!

海老名さん
はい!
他にも、ワンダフルコードのコミュニティ内で目標を共有する企画を主催していて、月1ペースで目標を立ててました。

海老名さん
定期的に目標を立てて共有することで、自分に足りない部分を見つめ直す良い機会になりました。
ワンダフルコードはそういう受講生の要望にも柔軟に対応してくれるので、助かっています。

ぼく
素晴らしい!
目標を立てて実行してるとモチベーションの維持や自己管理にも繋がりますよね。

海老名さん
そうですね!
受講生同士のzoom中に講師の金子先生がたまに来てフィードバックしてくれることもありました!

さいごに:今後は2年以内にフリーランスエンジニアになることが目標!


ぼく
では最後に、海老名さんの今後の目標を聞かせてください!

海老名さん
2年以内にフリーランスエンジニアになろうと思っています!
僕は地元が青森なので、いずれは帰省してリモートワークが実現できたら良いなと考えています。

ぼく
素晴らしいですね!
今後も海老名さんの活躍を期待しています!

海老名さん
はい、頑張ります!!

ぼく
本日は貴重なお話をありがとうございました!

まとめ:ワンダフルコードで「実務に使えるスキル」を手に入れよう!



というわけで、ワンダフルコードはプログラミング未経験でもある程度のスキルを身につけながら就職まで持っていける最強の講座です。

実際に海老名さんも言ってたように、プログラミングのスクールや講座って、その後のキャリアに繋げられなかったら意味ないんですよ。

なのでワンダフルコードでは就職保証とかじゃなく、ガチで現場に通用するスキルを育てることにコミットしてるっていう。彼もそのプロセスを経てエンジニア転職に成功させてますから。

なので、これからプログラミングを学んでエンジニアに転職したいという方は、ぜひワンダフルコードを受講してみてください。

 

エンジニアになるならプログラミングスクールから

いま、未経験からエンジニアを目指すのであれば、就職サポートが付帯しているプログラミングスクールを選ぶのがベストです。

なんと、ほんの数ヶ月あればエンジニアに転身できてしまいます。そして、2〜3年現場で経験を積めば、フリーランスエンジニアとして独立し、年収1000万円も十分達成可能。

ここでは、受講スタイル(オンライン・オフラインなど)、学習内容、料金体系などから各社の強みをまとめてみました。エンジニアという働き方に可能性を感じていらっしゃる方はぜひご一読ください。

詳細はこちらから

おすすめの記事