【徹底取材】プロエンジニアのプログラマカレッジで未経験から本当に就職できるのか調査してみた


どうもフリーランスエンジニアのりゅうけんです。


「ITエンジニア」って今、2〜3年現場経験を積んで独立すれば、資格すら取得することなく年収1000万円以上を目指せるという、なんとも美味しい職業になりました。


さらに、在宅勤務や週3勤務といった多様な働き方が可能なのもITエンジニアの特徴。もはや現代における最もコスパの良い仕事と言っても過言ではないでしょう。


さて今回は、「未経験からITエンジニアを目指す」をなんと「無料」でサポートする、プログラマカレッジ」というサービスを取材してきたので報告します。


果たしてプログラマカレッジで本当に未経験からエンジニアになれるのか。未経験から2年の現場経験を積んだ後、独立し、今も現役フリーランスエンジニアとして働いている僕が、その裏側を徹底調査してみました。


運営企業「インターノウス株式会社」について


霞が関にあるオフィス。実際に行ってきました。


プログラマカレッジの運営母体は、「プロエンジニア」というITエンジニア専門エージェントを手がける、インターノウス株式会社です。


ポイント1:圧倒的取引企業数

1700社を超える企業群との太いパイプを持ち、もはや関東圏のIT企業は網羅しきっているといっても過言ではありません。規模感で言うと、ギークスジョブと肩を並べるくらい。


主な就職先企業はこちら。サイバーエージェントあたりになると結構優秀じゃないと入れないとは思いますが、多種多様な大企業への紹介口はきっちり押さえてますね。



ポイント2:抜群の就職サポート力

IT教育に関するサービスって今ガンガン立ち上がってきてますが、それらサービスの出口となる「就職支援」の部分を実はこの会社が請負ってたりします。これを聞いた時は驚きました。どのサービスがとまでは伏せておきますが。


「就職支援」って、支援対象者のスキルレベルの把握から面談のセッティング、具体的な契約の締結まで、結構工数がかかる作業なんですよ。ノウハウやコネがものを言う世界です。


エンジニアの正社員転職の分野においては、インターノウスは間違いなくトップクラスの就職サポート力を持っています。本当に未経験から就職できるの?と疑問に思ってる方は安心してもらって良いでしょう。


プログラマカレッジについて



プログラマカレッジは、関東圏在住の20代を対象に、IT技術の習得から就職までをサポートするサービスです。


ポイント1:完全無料で学習から就職までをサポート

驚くべくことに、これが「完全無料」なんですよ。追加徴収一切なし。途中で離脱しても罰則なし。一般的なプログラミングスクールですら数十万円単位の受講料が必要になるところ、「無料」でしかも「就職支援」までついてくるわけです。


また、後述しますが、講師は数々の現場を経験されてきた実力派のエンジニアです。そこらへんにいる理系大学生とかじゃないからね。普通にすごいよ。


ちなみに、就職サポートなしのスクールだけの受講などはご法度です。エンジニアとして就職する覚悟のある方だけ受けてください。


ポイント2:完全無料が実現できる理由

ちなみに、学習と就職サポートに関するコストは、多数の協賛企業からの支援でまかなわれています。


取引のある企業群から支援金を受け取り、それを使って受講生をサポートし、最終的に協賛企業へ人材を送り出して手数料を得るというわけ。業界内に太いパイプを持つインターノウスだからこそ可能なビジネススキームです。


みなさんご存知の通り、いまIT業界はとてつもなく人材不足です。特に、人材の流動性も高いので、企業は良い人材を確保するためにかなり大きな額の投資をしているというのが現状です。


ポイント3:正社員就業率96.2%という驚異的数値

カリキュラムを修了した受講生の正社員就業率はなんと96.2%。真面目にやれば誰でも就職できると言っても過言ではないレベル。


さらに詳しく聞きましたが、受講生の9割程度は1ヶ月以内に就職が決まるそうです。半年経っても就職先が決まらない〜といったケースはあるにはあるけど、稀であるとのこと。


ポイント4:地方在住者は残念。。

研修所は今のところ関東のみなので、地方在住者がサービスを受けるには上京するしかありません。今後、全国展開は考えられているそうですが、これは少し残念です。


とはいえ、関東は案件の数も報酬単価もその他地方と比べて圧倒的なので、未経験からエンジニア就業を目指すのであれば、いずれにせよ上京するのが最も効率的な選択かとは思います。


実際、僕も東京でフリーランスエンジニアになって、大阪に里帰りしましたが、仕事は多少見つけにくくなりましたからね。なんだかんだで、東京はエンジニアの聖地です。


また、インターノウスが都内にシェアハウスを運営する事業者と提携しているので、地方から上京してきた人が該当のシェアハウスに入居すれば初期費用を割引してもらえたりするらしいです。どうせなら活用した方がいいですね。


カリキュラムについて


プログラマー向けカリキュラム。念のためぼかしてますが、相当濃い内容です。


ポイント1:プログラマーとインフラエンジニアを網羅

実はプログラマカレッジでは、プログラマーだけでなくインフラエンジニアの教育までサポートしてるんですよね。インフラを教えられるスクール自体ほとんどないので驚きです。


プログラマーとインフラエンジニアの違いがよくわからない人のために簡単に説明しておきます。一般的に「ITエンジニア」と言われて思い浮かべるのがプログラマーだと思います。コードをガリガリ書いて、アプリとか作る人。


一方、インフラエンジニアは、プログラマーが書いたコードが動作する環境(サーバーやネットワーク)を構築したりメンテナンスしたりする人のことです。地味ですが、システムの根幹を管理する側なのでシビアです。


IT未経験者でもイメージしやすい、プログラマー向けカリキュラムへの応募の方がやはり多いみたいですが、インフラもやってみると案外楽しいし、案件もそれなりにあるので興味のある方は受講してみてください。


ポイント2:内容がとにかく濃い

正直、無料だからさすがに低レベルな技術しか学べないんだろうなと最初は思ってたんですよ。ところが、実際に研修所を見学し、受講生が取り組んでいるカリキュラムを確認してわかりました。「めっちゃ内容濃いやん」と。


受講生達は、数週間の座学を修了したあと、チームを組んで疑似プロジェクトに取り組みます。これが非常に実践的で、結構深い内容にまで踏み込むんですよ。ただ個別に与えられる課題をこなして終わりっていう感じの、そこらへんのスクールよりはるかに深い学びが得られます。


受講期間は、プログラマーが全3ヶ月、インフラエンジニアが全2ヶ月です。全カリキュラム修了後、受講生は営業からのサポートを受けながら就職活動に入ります。


カリキュラムは全部データで頂きましたが、記事で公開するのはダメとのことでした。他の企業がマネしちゃうからね。受講の意思がある方には、LINE@とかで聞いてもらえれば答えられる範囲で答えます。


講師陣について


快く写真撮影を承諾して頂きました。左が井上さん、右が風見さん。


プログラマー、インフラエンジニア、どちらの研修所も、全体を統括するリーダーと、そのサポーターという二人体制で運営されていました。


講師の方は現場で第一線で活躍されてきた方で、それまでのキャリアをお伺いしましたが、間違いなく非常に高いスキルを持っておられる方だなと思いました。少なくとも僕よりエンジニアとして格上ですw


りゅうけん
プログラマカレッジの講師を務められたきっかけって何だったんですか?

井上さん
両親が教育の仕事をしていたので、元から教育に対して関心はありました。自分を育ててくれたIT業界で恩返しがしたいと思っていたところ、ちょうどこのお話を頂いたことがきっかけです。


一般的なスクールみたいに、現場経験のない情報系の大学生やスクールの卒業生が、なんちゃって講師やってるのとはわけが違います。確かな技術力と教育にかける情熱を持った方が講師を担当されていました。いやもうね、これが無料ってすごいよ。


だって、某なんとかcampなんかは講師陣を現役エンジニアで固めてるけど、受講料30万円とかしますからね。いかにプログラマカレッジがお得かわかると思います。


受講生について


御茶ノ水の研修所の様子。予想以上に人が沢山いた。音楽流れてた。


受講生は20代限定で、大学生も社会人もどちらも同じくらいいます。傾向としてはなぜか文系出身者が多いそうです。今回は、4名ほどインタビューさせて頂きました。


みなさんのエンジニアを志望した動機は「手に職をつけたい」「在宅ワークなどライフスタイルにあった働き方がしてみたい」「フリーランスエンジニアになって大きく稼ぎたい」というのが多かったです。やはり、職業としてのITエンジニアのコスパの良さに皆さん気付いてるんですね。


受講するにあたって、親や友人から反対を受けてきている方も多かったです。まあ、ITエンジニアってまだ世間に深く理解されていなかったりしますからね。自分の意思を貫いて参加されているのは立派なことだと思います。


今回インタビューさせてもらった4名はモチベーションが高く非常に優秀な印象を受けましたが、おそらく、「無料」であるがゆえの受講者間のモチベーション格差は少なからずあるでしょう。チームで作業を進める上で、やる気がみえないメンバーに対する不満を感じている方もいました。


まあ、実際に現場に入ってもやる気のないやつっていますからね。どこいってもそういうもんなので、社会の理不尽さもリアルに体験できてしまえるのは個人的には悪くないなと思います。


研修所の雰囲気

研修所の雰囲気はこんな感じ。動画撮影許可頂きました。この時で50人くらい受講者がいました。(MAX収容人数76人)


研修所はプログラマー用とインフラエンジニア用で分かれていて、プログラマーが御茶ノ水、インフラエンジニアが池尻大橋の研修所になります。池尻の方は駅から徒歩15分とちょっと遠め。僕がお邪魔させて頂いたのは御茶ノ水の方でした。


全カリキュラムを修了できるのは全体の何割?

ぶっちゃけた数字を聞いて参りました。


途中で離脱することなく、全カリキュラムを修了できる人の割合は、プログラマーで7割。インフラエンジニアで9割程度だそうです。


僕はこれを聞いた時は、「お、けっこう生き残るやん。」という印象でした。というのも、プログラマカレッジは「完全無料」なので、舐めたやつが一定数いるはずなんですよ。お金払ってない状態で覚悟決めるのは難しいですからね。


やはり聞くところによると、初日のお昼休みにそのままバックレたり、そもそも何の連絡もなしに来ないっていうバカもいるそうです。そんな中で、これだけの割合の受講生がちゃんとカリキュラムを修了してるというのは、「けっこうええんちゃうん」と。


ちなみに、プログラマーの方が離脱率が大きいのは、単純にプログラミングの方が難しいからだと思います。論理的思考が必要になりますからね。インフラエンジニアの方は、スイッチやサーバーのコマンドとshellさえ覚えたらなんとかなるので。カリキュラム自体も短いし。


実際の現場でシビアな仕事が要求されるのは、システムの根幹を取り扱うインフラエンジニアの方ではあるんですが、IT未経験者にとったら案外こっちのがとっかかりやすいのかも。


結論:プログラマカレッジで間違いない

未経験からエンジニアを目指すにあたって、「プログラマカレッジを受講する」は最も合理的な選択の一つだと思います。


何と言っても、無料でこれだけ深いレベルの学びが得られる環境は他にないですからね。カリキュラムの精度も講師の質も非常に高く、就職サポートまで一級品ときたら、もはやプログラミングスクールなんて通ってる場合じゃないですよ。


冒頭でも述べた通り、今「ITエンジニア」は異常にコスパの良い職業です。フリーランスになれば、高収入、短時間労働、多様なワークスタイルを、資格すら必要とせず手に入れることができます。


その入り口が、これまで全くITとは違う畑にいた人にすら開かれているのがスゴイことなんですよ。


フリーターであろうがニートであろうが、覚悟さえあればITエンジニアになれるわけです。プログラマカレッジなら。


>> プログラマカレッジの受講はこちら



おすすめ記事

関連記事

Menu

HOME

TOP