【私のマージン率高すぎ?】エージェントにカモられるフリーランスエンジニアの特徴


どうも、エージェントの中の人達と仲良くなりすぎて、業界の裏側を知りすぎてしまったフリーランスエンジニアのりゅうけんです。


フリーランスエンジニア専門エージェントのマージン率って、全体的な平均データについては公開義務があるんですが(派遣免許を取得している場合)、個別のエンジニアについての公開義務はないんですよね。基本的には聞いても教えてくれません。


マージン率を一律に設定し公開しているリツアンSTCMidworks以外のエージェントは、エンジニアによってマージン率が大きく異なる場合があります。


そうなると、利益追求を目的とする法人は自ずと「取れるところから取っとこう」的発想になるんですよね。エンジニアによって、10%〜40%の開きがあることもしばしば。正直、フリーランスで40%も取られるなら派遣社員の方がマシです。


今回は、そんなエージェントにカモられる人を減らすべく、カモられる人の特徴をまとめてみました。この記事を参考にした上でエージェントに登録ください。


カモられる人の特徴1:自分の相場を理解していない



営業経験のある人ならわかると思うんですが、自分の商品の価格決定権を相手に与えてしまった時点で負けなんですよ。いくらでも安く買い叩かれるから。つまり、自分自身の商品単価を理解していないエンジニアは、エージェントにカモられやすいんです。


エージェントに登録すると、まず希望単価を聞かれると思います。そこで間違っても、「自分にできる仕事であれば単価はいくらでもいいです。」とか絶対に言っちゃダメですよ。


エージェントは、「であれば、月単価40万円の案件でも見つかれば参画可能でしょうか?」みたいな同意を取ってきた上で、クライアントからの発注金額80万円とかの高単価案件を持ってきたりしますからね。この場合、80万円-40万円=40万円がエージェントの取り分となり、マージン率はなんと50%です。


極端な例ではありますが、価格決定権を相手に与えてしまうとこういうことになっちゃうんですよ。


フリーランス初心者の方は、既にフリーランスとして活躍しているエンジニアに相談してみるなどして、ある程度自分の相場を理解し、「○○万円以下の案件は請けない」と明確な意思表示をすることが重要です。


僕も独立する前はここらへん周りにめっちゃ相談しました。おかげで当初はロースキルだったにもかかわらず、最初から月単価62万円(税込)の案件に参画できましたからね。


うちのサロンでもエンジニアの独立相談受けてるので興味のある方はみてみてください。


カモられる人の特徴2:発注金額を確認しようとしない



クライアント企業からの発注金額とエージェントが抜いてる分を確認しようともしない人も危険です。マージン率は、聞いたからといって答えてくれるものでもないんですが、「マージン率を気にしてる」という姿勢を見せておかなければ、交渉上不利になる可能性が高くなります。


失礼にならない程度に疑いの目を向けておくことで、エージェントを牽制することができるんですよ。不正を暴こうとしてくる人に不正を働くのは結構度胸がいるという話。まあ、エージェントがマージンを多く抜くことは不正ではないけどね。


僕の場合、予め、「現在他のエージェントに紹介してもらってる案件がどれくらいの単価でどれくらいのマージン率であるか」を伝えた上で、毎回発注金額とマージン率を聞いてます。本当に他のエージェントから紹介受けてるかどうかは別にして。


そうすると、彼らも僕を獲得したいので結構な割合で正直に教えてくれるんですよ。ここで嘘つかれたらどうするのという話もあるんですが、僕たちは現場の社員と仲良くなれば実際の発注金額をさらっと聞けたりするので、エージェントが嘘をつくのって結構リスク高いんですよ。


「言ってたこととちゃうやんけ」となったらバツが悪いでしょ。なのでまあ、公開してくれるとしたら正しい数字を教えてくれるだろうと。こういうズル賢さも大事。


カモられる人の特徴3:複数エージェントに登録していない



そもそも複数エージェントに登録していないとエンジニアは厳しい戦いを強いられます。当たり前ですが、エージェント間で競争させないとそりゃ頑張ってくれないですよ。金銭的な意味で。


地方だと、「エージェントに複数登録すると業界から干される」みたいな都市伝説もあるんですが、嘘ですからね。エージェントが利益を独占するための文句です。他のエージェントでの面談状況や内定状況を報告しておけば何ら問題ありません。騙されないように。


僕は新たに仕事探す時は、エージェントを2〜3つ走らせることが多いです。大体レバテックフリーランスギークスジョブですかね。初心者はそこにMidworksを加えてもいいかもしれません。


現時点で僕が最強と思えるエージェント群はこちらにまとめてあるので、参考にしてみてください。全部取材済みです。

さいごに:「搾取」されるのではなく「活用」する

いま、フリーランスエンジニアにとって、エージェントの存在は必要不可欠と言っても良いでしょう。営業活動から、契約書類の作成、その他単価交渉など全ての煩わしい作業を肩代わりしてくれるわけですからね。マージンくらいくれてやればいいんですよ。


特に、スキルが未成熟だったりクライアントとのコネクションが弱いエンジニアにとっては、エージェントは神みたいなもんです。10年前なら絶対にフリーランスで通用しなかったような人達を独立させ、高収入を獲得できるようにした功績は非常に大きい。


とはいえですよ。必要以上のマージンを取られちゃうなら話は別です。僕たちはエージェントを「活用」すべきであって、エージェントに「搾取」されるべきではないから。


エージェントとの関係性に不満が残らないよう、最低限の交渉術を身につけて頂ければと思います。



次に読まれている記事

関連記事

ryukku_01 ryukku_01

Menu

HOME

TOP