いますぐ登録したい方へ
⇩当サイトから登録の多いエージェントは以下です(各サイトに飛びます)

【1位】 レバテックフリーランス【業界最大手・圧倒的高単価】
【2位】 Midworks【収入保証・福利厚生充実】
【3位】 ギークスジョブ【地方展開・各種キャンペーン充実】


どうも、現役フリーランスエンジニアのりゅうけんです。


僕がフリーランスエンジニアになったのは、27歳の頃でした。当時は、周囲から、「お前のスキルじゃ厳しいんじゃない?」とか「フリーランスは不安定だぞ。」などといったありがたいお言葉を沢山頂きましたが、諸先輩方の制止を振り切ってなんとか独立しました。


当時、「文系出身・技術経歴2年」という浅いキャリアでしたが、実は僕の中では「独立してもやっていける」という確証があったんです。考えるよりまず行動した僕は、各フリーランスエンジニア専門エージェントとの面談後、月単価60万円以上の案件を複数提案してもらえたから。


自分なんてフリーでは通用しないとどこかで思い込んでましたが、それは妄想に過ぎなかったことがわかってしまいました。


いま、サラリーマンエンジニアとフリーランスエンジニアとでは、働き方はほとんど変わりません。それでいて、収入は圧倒的に増え、働き方の融通も圧倒的に効きやすくなるのがフリーランスです。僕がはじめてエージェントに相談した時に最初に素直に思った感想は、「エンジニアが雇われてる理由ってなくない?」でした。


ちなみに、レバテックフリーランスを運営する、レバレジーズ株式会社が作成したフリーランスエンジニア市場レポートによると、フリーランスエンジニアのおよそ7割は1ヶ月60万円以上の高単価で業務委託契約を結んでいるそうですからね。。


さて、今回は僕が全て実際に利用してみて良かったエージェントだけ厳選してみました。非エンジニアはもちろん、エージェントの中の人ですら書けないリアルを詰め込んだつもりです。


お勤めでエンジニアされてる方は、ぜひ一度これらのエージェントに登録して、フリーランスの世界がどうなっているのか、そして自分は本当はどれくらいの市場価値があるのかを確認してみて頂ければと思います。

フリーランスエンジニア専門エージェントを活用すべき理由

TOP5を語る前に、そもそもなぜフリーランスエンジニア専門エージェントが提供する求人サービスに登録すべきなのかについてお話します。


エンジニアに案件を紹介するエージェント企業のビジネスモデルというのは、要するに「ピンハネ」です。依頼元の企業からできるだけ多くお金を引っ張り、できるだけ安い報酬でエンジニアに働いてもらうのが仕事です。


つまり、こちらのメリットはエージェントにとってのデメリットであり、エージェントにとってのメリットはこちらにとってのデメリットなわけです。なので、エンジニアは本当はエージェントを介さず、自分で直接企業に営業をかけた方が報酬面のメリットに関しては大きいんです。


しかし、エンジニアがみんな、バリバリ営業できるわけではないし、そもそも無数にある企業から、自分にマッチした案件を個人で探すのは相当骨が折れます。だからこそ、それらを代行してくれるエージェントの存在意義があるのです。


彼らに手数料を渡すかわりに、事業を運営していく中で避けて通れない面倒な業務を引き受けてくれます。これは利用しない手はありません。しかも以下で紹介するような大手だと、手数料もせいぜい10%程度の場合も。派遣社員専門エージェントが平均40%程度持っていくのに比べると相当安いです。


特にツテや営業力に自信のない方は、少なくとも最初はエージェント登録必須。あと、ここだけの話、エージェント経由で依頼元企業とマッチングし現場の信頼を獲得すると、向こうから「直接契約」の話がきたりすることもあります。色んな意味でエージェントは登録しておいた方がいいです。


ただし、エージェントも商売なので、大きいエージェントであればまだ安心ですが、彼らの話を鵜呑みにしすぎると微妙な条件の案件を掴まされたりもします。そこらへんの交渉のコツも以下の記事にまとめておいたので、面談前に一度読んでみてください。▼


オススメエージェントTOP5

それでは、ここさえ登録しておけば間違いない!という求人サービスをおすすめ順に紹介していきます。他にも優秀なエージェントはいくつかありますが、全部登録するとさすがにメールがうざいし、必要最小限かつ最大のパフォーマンスを発揮してくれるエージェントで打線組んでみました。


フリーランスエンジニアはここで書いてるとこだけ登録していれば十分食うには困らないと思います。僕が実証済み。各エージェントの詳細記事もリンク貼ってますのでそちらも参考にしてみてください。


ちなみに、めちゃくちゃ重要なことを言っておくと、エージェントからの連絡は素早くレスポンスしましょう。良い案件が回って来やすくなるから。これはマジ。だからこそ、エージェントは厳選し、面談調整など即対応できる体制を整えておくといいです。


さて、稼働開始までの基本的な流れは以下。

1 Webからエントリー
2 スキルシートを元に、担当営業と個別面談
3 稼働予定日1ヶ月前くらいから案件が出てくる
4 案件を選んだら営業に同行してもらい、依頼元企業と面談
5 参画が決定すれば稼働開始日を待つ


大体、依頼元企業との面談回数は1回です。多くて2回。もちろん、会社勤めをしながらでも十分面談に足を運べます。スキルシートをしっかり作りこんで、話す内容をまとめておきましょう。面談対策ももちろん希望すればやってもらえるので、ご安心を。


No. 1 レバテックフリーランス※登録必須!

w200_leverages
レバテックフリーランス


レバテックフリーランスはフリーランスエンジニア専門エージェントとしては頭一つ抜けた規模感を持つ企業です。とくに関東のITベンチャー企業の案件にはめっぽう強く、Web系エンド企業の高単価案件を多数取り扱っています。エンジニアの年収は全国平均でなんと800万円以上。20代1000万円プレーヤーもごろごろ輩出しています。


一つ覚えておいて欲しいのは、「エージェントは規模が大きいところほど優秀」ということです。レバテックフリーランスは案件数も豊富で登録エンジニア数も抜群なので、依頼元企業に対して高い交渉力を持つことができ、それが単価を押し上げる要因となってるんですね。


さらに特筆すべきは、支払いサイトが15日(翌月15日に報酬が振り込まれる)と業界最速であることです。一般的な正社員だと給料は翌月の25日あたりに振り込まれることが多いと思いますが、もはや正社員よりキャッシュフローがよくなるという衝撃。


小規模なエージェントだと支払いサイトが60日などの案件もあったり、「独立したいけど貯金がない」なんていう若いエンジニアは一歩踏み出しにくかったりします。ところがその点、レバテックフリーランスだと翌15日には報酬が振り込まれるので何の躊躇いもなく会社辞められます。これはすごいことです。


また、ヒカラボという勉強会を渋谷ヒカリエのオシャレなオフィスにて定期開催しており、他のエンジニアやデザイナーとも交流できる環境が整っています。フリーランスの空気感などを感じてみたい方は参加してみるといいでしょう。


案件数、報酬の高さ、エンジニア同士の横のつながりを全て高い基準で満たしてます。フリーランスになるなら絶対に最初に押さえておきたいエージェント。


僕とレバテックフリーランスの関わりはこちらの記事にて。フリーランス駆け出しの頃の僕に、高単価案件を紹介して頂きました。

いますぐ登録したい方はこちら


No. 2 Midworks


Midworks


フリーランスになってみたいけど、少しでも保障が手薄くなるのは嫌だという人にはMidworksが良いでしょう。フリーランス向けエージェントにしては珍しく、社会保険料の半額負担、勉強会参加費など月に1万円までの補助、会計ソフトの無料利用などがついてきます。


さらに、仕事が決まらなかった場合も、スキル見合いで予想報酬単価を算出し、その八掛けにあたる分を保障してくれます。フリーランス歴4年弱のインフラエンジニアの僕でその額、大体月50万円強とのこと。ここ登録しておけば飢え死にすることはありません。まさに万全のフォロー。


また、支払いサイトは一律20日とかなり短め。報酬、保障、サービス全てにおいてバランスの取れた、フリーランス初心者にはうってつけのエージェントです。


ただ、案件数や登録エンジニア数で言えば大手の基準よりは劣る他、マージン率も保障の分少し高めに設定されているので、レバテックフリーランスギークスジョブと並行して登録することをおすすめします。後ほど述べますが、複数登録は独立のリスクを最小限にすることができます。


渋谷オフィスにて取材してきました。詳細はこちら。

いますぐ登録したい方はこちら


No. 3 PE-BANK


PE-BANK


PE-BANKは平成元年にスタートした最も老舗のフリーランス専門エージェントです。


長くやってるだけあって、保有案件数、登録エンジニア数は圧倒的でIT業界とのパイプも強力。最近のエージェントは「WEB系に強い!」と謳うところは多いですが、PE-BANKに限って言えば、「WEB系も業務系も全て強い」です。


さらに、関東に限定すれば登録エンジニアの平均年収は800万円にもなるなど、まさに「古豪」と言ったところです。


また、いち早く全国展開しているため、関東以外の地域では他のエージェントと比較すると圧倒的に多くの案件を保有しています。つい最近まで大阪なんかはPE-BANKの独占市場でした。地方でフリーランスになる人は絶対に登録しておいた方がいいと思います。


マージン率に関しては稼働月数に応じてパーセンテージが下がっていくというユニークなシステムです。


稼働初期のマージン率は12%ですが、全エンジニア一律で公開されてるので透明性は高いし、稼働月数が累計で25回を超えれば8%になるのでかなりお得感が出てきます。8%はぶっちゃけめちゃ安い。早めに登録して24ヶ月働いてしまうのがいいですね。


安心と信頼の古参。押さえておきたいエージェントの一つです。

いますぐ登録したい方はこちら


No. 4 ギークスジョブ

logo@2x
ギークスジョブ


ギークスジョブは、6000件の案件数を保有する業界最大級の求人サービスです。稼働中のエンジニアの85%が年収850万円以上。レバテックフリーランスにも引けをとりません。


最近はレバテックフリーランス同様、関東だけでなく、地方でも幅広く高単価案件を扱っており、僕も関西にUターンしてからお世話になっております。ちなみに、関西は関東と比べて単価の相場は5万〜10万程度低く、労働時間も10h〜20h程度長くなる傾向にあります。それでも、ギークスジョブなら、単金65〜70万円/月クラスの案件をじゃんじゃん紹介してくれました。


また、ギークスジョブ全案件の「支払いサイト」が25日固定(翌月25日に報酬が振り込まれる)と、短いのでキャッシュフローがすごく良くなります。レバテックフリーランスやMidworksほどではないですが、これでも十分早い。


あと、ギークスジョブの良いところは、福利厚生サービスやエンジニアの学習支援施策をガンガン打ってくれるところですね。若いエンジニアも多く、全体的に活気がある印象。


僕とギークスジョブの関わりはこちらの記事にて。大阪でマッチング率の高い案件をスピーディに紹介してくれました。

いますぐ登録したい方はこちら


No. 5 ハイパフォーマーITエンジニア


ハイパフォーマーITエンジニア


フリーランスエンジニアになった時点で高収入は約束されたようなものなんですが、さらなる高みを目指すのであれば、ハイパフォーマーITエンジニアが良いでしょう。


このエージェントの登録エンジニアの平均月収はなんと80万円。年収1000万円以上も割とサクッといきます。他のエージェントと比べるとと頭一つ抜けてる感じ。


その理由は、上流工程に関わる案件を多数扱っているから。技術力よりもマネジメント能力が要求されるため、ヒューマンスキルが重視されますが、必ずしも20代30代のような若手でなくても需要があるのが魅力でしょう。


2年程度のプロジェクトマネージャー経験があれば十分年収1000万円以上は狙えるとのこと。SIerでバリバリやってた人ならなおのこと、他業種でマネジメント経験のある人も、プログラミングスクールでさっとITを学んでから挑戦するのも良いでしょう。


また、支払いサイトはレバテックフリーランスと同様、15日で業界最短です。マネジメント系案件が多めですが、普通に開発案件もあるので、登録しておいて損はないエージェントです。


赤坂オフィスにて取材してきました。詳細はこちら。

いますぐ登録したい方はこちら


案件探しは複数のエージェントで

いざ案件を探す時には、特にはじめての人は上記のエージェント全部に依頼しておくと安心です。エージェント間で獲得競争がスタートするので、各エージェントの営業に気合い入ります。エンジニアが優位に立つためにはこういうの大事です。


逆にエージェントを一つに絞ると、仕事が遅くなる傾向にあります。また、価格決定権を握られてしまうので、マージン率を多く取られがち。


「そんなに沢山登録しなくても仕事見つかるだろう!」という方も、レバテックフリーランスギークスジョブは押さえておくといいかと思います。これで大方の案件はカバーできます。あとは、ニーズに合わせてエージェントを追加でチョイスする形が良いでしょう。


フリーランス初心者の方は上記の二社にMidworksを加えれば安心です。また、地方のエンジニアであればPE-BANK。年収1000万円以上を目指す、あるいは、上流工程に参画したいなら、ハイパフォーマーITエンジニアを加えれば仕事が見つからないなんてことはまずないと思います。


さいごに:もっとカジュアルにフリーランスになろう

「フリーランスは不安定」とか、「高度なスキルが必要」と言う人は沢山いますが、そのような前時代的な考え方は捨てた方が良いと思います。これだけエンジニアが不足している中で、上記のエンジニアをサポートしてくれる優秀な企業があるわけだから、仕事は継続的に獲得できるし、少々のロースキルでも通用してしまいます。そういう時代なんですよね。


いま、正社員だからと言って無条件で安定が手に入るわけではありません。人間関係がうまくいかず鬱になるかもしれないし、突然の業績悪化でボーナスがいつカットされるかもわからない。さらに、必要以上に責任を負わされて無用な残業をしたり、生活の自由を奪われることだってあります。何もリスキーなのはフリーランスに限った話ではないということです。


僕たちが定年する頃までいま勤めている会社が存続している可能性は限りなくゼロに近いし、いずれにせよ、「会社を去る」という決断を迫られる時がくるのであれば、早いうちに行動を起こしておいた方が機会損失が減っていいんじゃないでしょうか。収入も爆増するし。僕は27歳で独立できて本当に良かったです。むしろ、もっと早くても良かったくらい。


フリーランス専門エージェントとの相談は、新しい期が始まったり、新しいプロジェクトにアサインされるとつい後回しにしがちな話ですが、エンジニア不足のいま、世間は追い風です。空前絶後と言ってもいい。このチャンスをぜひものにしてみてください。

最強の初心者向けプログラミング学習教材

プログラミングを独学でやりはじめると高確率で挫折します。では、いつ挫折するか。それは、教材のテキストに書いてある通りに演習を進めても教材通りに進まなかった時です。

最強の初心者向けプログラミング学習教材「Skill Hacks」では、全コンテンツが動画であるため、見よう見まねに進めても演習を終わらせることができます。さらに、24時間体制の手厚いQAサポートまで付いていて、まさに挫折しようがないサービス設計。

プログラミングで人生変えたいなら、その入り口は「Skill Hacks」で。

詳細はこちらから

おすすめの記事