「みんながあなたと同じことやると社会が回らなくなる論」を最も簡潔に論破してみた




インターネットで「自由な働き方」を発信すると、「みんながあなたと同じことやると社会が回らなくなる」とかいう昔ながらの批判テンプレを投げてくる途方もなくバカな人と遭遇します。


そもそも全員が全員同じ働き方なんてするわけないじゃないですか。頭の良い人もいれば頭の悪い人もいるんだから。


ということくらいなんでわかんないのかな。あ、頭の悪い人側だからか。


社会は非合理で回っている



僕らがどれだけ言っても、「合理的な選択をしたら死ぬ」くらいのレベルの洗脳を受けてる人達が社会には一定数いるんですよ。


例えば、社畜に「サービス残業なんてしてる暇があればさっさと帰宅してスモールビジネスに取り組めば?」と言っても、彼らは「帰れる空気じゃない」とか「副業禁止されてる」みたいな言い訳を並べて非合理的な労働に従事し続けます。


自ら望んで搾取される側に立つ人がいるということです。コンビニが24時間あいていて、小腹が空いたらいつでもおやつが買えることだって、全て彼らの非合理的労働が生み出した便益です。僕らは好きなことで稼ぎながら、彼らが回した社会の上で生きています。


仮に、「お前らもこっち側にこいよ!」と言ったところで、ものすごい諦めの早さで諦めてきてくれるので、こっち側に人が溢れることはありません。だから僕らは利便性を享受し続けられるんです。


っていうことがわかってるから、社会が回らなくなる心配なんて一切してないわけ。


感謝はしている。だけど、バカだと思う。

非合理的労働に従事してくれている人には大変感謝しています。彼らのおかげで快適な生活が送れているわけですから。


ただ、感謝はするけどバカだと思います。


いや別に、食うために一時的に非合理的労働に打ち込むことは悪くないですよ。好きなことだけでいきなり生計立てられるものでもないですからね。


だけど、そこら中にチャンスは落ちてるのに、自分が本当に望んでる生き方を目指そうとすらしないのはどう考えてもゾンビ。思考停止の極み。


ブログでもYouTubeでもやってみればいいのに。まあ、知ったこっちゃないけども。


啓蒙する気なんて毛頭なし



そもそも僕は誰かを啓蒙しようと思って生き方を発信しているわけじゃないです。しかも、社会が回らなくなったら回らなくなったでそれでいいと思ってます。日本が不便な国になったら海外いくし。


なので、「みんながあなたと同じことやると社会が回らなくなる論」を投げられても、個人的にはどうでもいいんですよね。


今に始まったことじゃないですが、僕は自分のことしか考えてません。社会を良くしたいとか、誰かを救いたいとか全然ないです。僕の生き方をもし模倣したいという方がもしいたとしたらご自由に。僕は責任を負わないですけどね。


次に読まれている記事

関連記事

ryukku_01 ryukku_01

Menu

HOME

TOP