12月に仮想通貨運用におよそ50万円分増資した結果、元々保有していた200万円程度のBTCと合わせて総資産額が1700万円まで高騰しました。XPとTRONのおかげです。あと、NEMも伸びたな。利確してないから含み益のままですけど。


これはまだまだ序の口で、現時点のポートフォリオでも億は軽く超えるポテンシャルを持ってると思ってます。まあ、未来のことはわからないし利益全部消し飛ぶ可能性もあるけどね。


投資スタイルとしては、うちのオンラインサロンのスレッドにて、メンバーがスクリーニングしてくれた有望銘柄の中から、「技術的成熟度」「コミュニティの加熱度」をなどを基準に通貨を選定する形です。


その後、取引所上場予定や海外インフルエンサーのPump(特定の通貨推し)などのポジティブな情報をサロンメンバーの誰かがキャッチした瞬間、買いを入れるという。その際、テクニカル分析も軽めにやります。


と、まあ一応論理的に売買してるわけですが、正直「雰囲気でやってる」の域を出てはいません。ホワイトペーパーくらいは読むけどコードまでは読まないし、コミュニティもDiscord覗いてみてコメント数などを見るくらい。


ぶっちゃけ、仮想通貨に関しては楽して稼いでます。サラリーマンが大嫌いなアレ。汗水垂らさないやつ。まあ、汗水たらしたところで大して結果が変わるものでもないし。


実際、稼ぐのに重要なのは「いかにお金が流れている場所に身を置くか」であって、儲かりやすい市場で適切なリソースを割いていれば、簡単に「小労所得」が実現できます。



これがマーケティングの本質なんですよ。死ぬ気で努力しないと稼げないわけでも、社会的意義を追求しないと稼げないわけでもありません。全てはポジショニング次第っていう。


そしていま、仮想通貨市場には大量に資金が流れ込んでいます。取引量は2017年の一年間だけでも2兆円から60兆円まで拡大。ちなみに、11月〜12月だけで20兆円から60兆円まで上げています。下手に短期売買に手を出さない限り、適当に買ってても相当稼げるでしょう。


こんな機会に資金力と情報を持った状態で巡り会えるのは一生に一回あるかないかです。これまで、「失われた10年」「リーマンショック」など、時代の憂き目に遭ってきたアラサー男子にとって、「仮想通貨はバブルだからスルー」では済ませられません。


今僕が学生だったら、十分な運用資金を確保できなかっただろうし、逆に中年を過ぎると情報感度が鈍ってて乗り遅れてるかもしれない。このタイミングで良かったなと思います。フリーランスエンジニア、アフィリエイターになっといて良かった。日本円は不自由なく供給されますからね。


という、奇跡的なチャンスではありますが、飽くまで余剰資金でやることをおすすめしています。失ってもいいお金が1万円でもあるなら仮想通貨買ってみるといいと思いますよ。来年には100万円くらいになってるかもしれない。だけど、期待しつつも、ある意味無関心でいることが大事。バブルは乗りこなしましょう。

LINE@で無料コラム配信中

ブログの5倍増し!やまもとりゅうけんの過激コラムがLINE@で読める。各種イベント、サービスについての先行情報や、収益報告なども配信中。読むだけでほんの少し稼げる自分に変化できる、そんなメッセージをお送りします。

扱うテーマ例:アフィリエイト、オンラインサロン、仮想通貨、その他雑感

おすすめの記事