りゅうけん
どうも、元フリーランスエンジニアのやまもとりゅうけん(@ryukke)です!
エンジニアがフリーランスになるメリットは大きいですが、サラリーマンからフリーランスになると、大部分の「保障」がなくなってしまうというのも事実です。

中にはそれが引っかかって独立できないというエンジニアもいると思いますが...ところがですよ。

フリーランスエンジニア向けのエージェント企業大手の「ギークスジョブ」が、フリーランスエンジニアをとことん保障した驚異的なサービスをリリースしてるんですよ。

その名も、「フリノベ」。「保障がない」というフリーランスエンジニア唯一のデメリットすら吹き飛ばしてしまう威力を持っています。

早速、営業に取材させてもらったので、レポートします。

【著者プロフィール】
やまもとりゅうけん(@ryukke)
WEB/ITコンサルのワンダフルワイフ株式会社代表取締役。 新卒で東証一部上場企業にプログラマーとして就職したのち、27歳でフリーランスエンジニアとして独立し、サイバーエージェント大阪支店等に勤務。 現在は日本最大規模の複業コミュニティ「人生逃げ切りサロン」を開設し、3年間で参加者5000名超まで拡大させる。

今すぐフリノベを利用するならこちら▼


ギークスジョブの「フリノベ」とは?


「フリノベ」とは、ギークスジョブがこれまでやってきた案件紹介、営業代行、個別のキャリアカウンセリングなどに加え、オンラインコミュニティへの招待、確定申告サポート、副業サポート、英語学習サポート、ヘルスケアサポート、婚活サポート…etc などの領域までサービスを拡充したものを指します。


もはや、そこらへんのサラリーマンが受けられる福利厚生のレベルを超えてます。フリーランスがこんなに至れり尽くせりになってしまっていいのかと逆に不安になるくらい。

ちなみに、「フリノベ」とは、”freelance” と “innovation” を掛け合わせた造語だそうです。シャレてますなあ。

ギークスジョブの「フリノベ」で受けられるサービスについて

フリノベはギークスジョブにエンジニアとして本登録に至れば利用可能。登録は3分くらいでできてもちろん無料ですが、フリノベで利用できるサービスの中でも、僕が「これはアツい!」と思ったものをいくつか紹介します。

これだけやられたらギークスジョブにエンジニア登録しない理由がないですよ、ほんと。ディズニーの入場料が数百円安くなるとか、田舎の保養所がタダで使えるとかその程度じゃないですよ。マジで半端ないから。

TechAcademy受講料割引


最も知名度の高いプログラミングスクールの一つ、「TechAcademy [テックアカデミー]」の受講料割引サービスが受けられます。

なんと、全コースが通常より10,000円割引にて受講できます。WebデザインやWebディレクションなどもあり、エンジニアの習い事的に利用するもよし、さらなるスキルアップのために利用するもよし。

普通にTechAcademy [テックアカデミー]申し込もうとしてた人はラッキーですね。フリノベ経由で申し込んだ方がいいですよ。
例)Webデザイン4週間プラン:99,000円 →割引後129,000円(税抜)
例)ブロックチェーン4週間プラン:129,000円 → →割引後129,000円(税抜)

クラウド会計利用割引


確定申告が超簡単にできるクラウド会計ソフトのうち、「MFクラウド確定申告」「やよい会計オンライン」が割引利用できます。

割引内容はこちら。
■ MFクラウド確定申告 バリューパック 1,280円(税抜)/月
→ 60日間無料。
■ やよいの青色申告 オンライン ベーシックプラン 12,000円(税別)/年
■ やよいの白色申告 オンライン トータルプラン  20,000円(税込)/年
→ 初年度無料。
特に、やよい会計オンラインの初年度無料が凄いです。フリーランスになりたてであまりお金がない時に、この割引はありがたいですね。

確定申告セミナーなんかも、東京では「21Cafe」というギークスジョブの管理するフリーイベントスペースで、地方では中心地にある貸し会議室等でよく行われてます。

フリーランスなりたての人は、「税」に関して不安だらけだと思うんですが、「フリノベ」ならかなりの部分をサポートしてくれるので安心感があります。

英語学習サポート

IT業界では英語力の需要が高まっているそうです。エンジニアもペラペラになりましょうということで、フリノベが僕達の英語学習をサポートしてくれます。

具体的には、セブ島語学留学のNexSeedで適用される割引と、オンライン英会話学習サービスのレアジョブ英会話で適用される割引の二本立てです。
■ セブ島語学留学割引
グローバルに活躍できる人材を育てる事を目的とした「Nexseed(ネクシード)」の英語留学を15%割引(入学金込み、1週間単位から適応可能)で利用できます。

スピーキングに特化したオリジナルカリキュラムで、自分のレベルやペースに合わせ、セミオーダー式で、徹底的な英語学習が可能です。
■ オンライン英会話学習割引サービス
マンツーマンオンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」が初月利用料50%割引で利用できます。※対象コース
1)【初級~上級】ビジネス英会話コース:月額料金9,800円(税抜)
2)【初級~上級】日常英会話コース:月額料金5,800円(税抜)
3)【初級~上級】TOEICコース:月額料金:6,780円(税抜)
全てのコースが毎日1回(25分)受講可能。月次最大750分のレッスンを受講できます。

英語力をつけたいと思ってるエンジニアなら、「フリノベ」経由で申し込んだらいくぶんかお得です。

副業サポート


さらに、副業支援までしてくれるんだからイカツイです。副業禁止の一般企業の正社員じゃ絶対受けられないサポートですよね。
■ オンライン講師職の紹介
日本最大級のオンラインプログラミングスクール「Code Camp(コードキャンプ)」の講師職を紹介してもらえます。しかも、フリノベ会員に限り、講師開始時の報酬金額を20%アップ。
(例)1,350円/回→1,620円/回 ※担当言語によって変動あり。

■ ウェブライティング職の紹介
ITクリエイターのための気軽な情報収集メディア「geechsマガジン」のライティング職を紹介してもらえます。企画の提案~執筆を在宅で対応する形になります。

CodeCampの報酬金額20%アップって、凄すぎませんか。非エンジニアがCodeCampでプログラミング習得→フリーランスエンジニアに転身→フリーランスエンジニアやりながらCodeCampで副業っていう里帰りモデルが流行りそうな予感。

さいごに:フリーランスエンジニアのハードルがかなり下がってる

フリーランスエンジニアって随分な楽な職種になりましたね。ひと昔前までは、フリーランスエンジニアといえば、営業力と技術力を兼ね備えた熟練エンジニアだけに許された狭き門的な扱いでした。

ところが今では、僕みたいに文系出身エンジニア歴3年程度の若造でもフリーランスになる人間が出てくるようになりました。

フリーランスエンジニアに対する敷居ってどんどん下がってるんですよね。特に、「フリノベ」のような、確定申告から、英語学習、副業、福利厚生全般までサポートしてくれるパッケージがあれば、フリーランスに対してもはや恐るものがほとんどありません。

ぜひ、この機会にフリーランスという生き方に挑戦してもらえればいいんじゃないかと思います。

 

いますぐフリーランスエンジニアになろう

● フリーランスエンジニアってかなりの技術力が必要じゃないの?
● フリーランスエンジニアって営業力が必要なんじゃないの?
● フリーランスエンジニアって不安定なんじゃないの

これらは全部誤解です。2~3年の現場経験があれば十分通用するし、年収800万円以上の高報酬でかつ、自由な働き方をチョイスできるのがフリーランスエンジニアという働き方。ここではエンジニアをサポートする最強の5社をまとめてみたので、ぜひ現役エンジニアの方はご一読ください。

詳細はこちらから

おすすめの記事