どうも、りゅうけんです。

今回は、僕の会社で新たにリリースされたワンダフルムービーエディター」というオンライン型の動画編集講座について紹介します。


ワンダフルムービーエディターではYouTube編集が学べるのはもちろん、アニメーション制作から動画CM制作のノウハウまでも全てワンパッケージにまとめました。

それに、ただの動画編集だけでなく、ディレクターやコンサルレイヤーへステップアップするために必要なことも学べるんですよね。ここまで動画編集を網羅した教材は、多分ウチが初じゃないかなと。

そこで、ワンダフルムービーエディターの魅力をもっと知ってもらうべく、今回は講師の3人から講座の魅力を伺いました。

この記事の内容
  • ワンダフルムービーエディターの概要
  • ワンダフルムービーエディター講師との特別対談
  • 動画編集で稼ぐための具体的な方法
「フリーランスの動画編集者になりたい」「編集だけでなくディレクターとしても活躍したい」という方は、是非最後までチェックしてみてください。

いますぐ申し込みたい方はこちら


動画編集という仕事がアツい理由

動画編集者とはどんな仕事なのか

「動画編集」は台本や脚本に沿って映像を切り貼りして動画を完成させる仕事です。編集作業は「Adobe Premiere Pro」「Final Cut Pro X」といった動画編集ソフトが必要ですが、これらを使えばYouTubeの編集から動画CM制作の仕事まで全てできるようになります。
動画編集ソフトでできること
  • 不要な部分のカット
  • 動画と音声のつなぎ合わせ
  • 動画への字幕挿入
  • 動画へのBGM挿入
例えば「YouTubeの編集」なら、ユーチューバーの動画を編集して納品すれば、1本あたり3,000〜5,000円くらいですかね。

もちろん編集者として実力をつければ、1本あたり1〜2万円で受けたりもできますよ。僕もユーチューバーとして月に20本くらいの動画をUPしてますが、それらの編集は全部動画編集マンに1本1万円くらいで外注してるんですよね。

編集スキルと営業スキルを身につければ1本1万円くらいで取れるし、それだけで月30万円くらいは目指せると思います。

動画編集はとにかく学習コストが低い

動画編集は学習コストがめちゃくちゃ低く、初心者でもすぐにスキルを身につけられる部分が魅力なんですよね。

派手な海外ドラマみたいな演出をしようと思うとプロフェッショナルな分野を勉強しなきゃダメだけど、YouTubeやTikTokの編集なら、スキルの習得期間が1ヶ月くらいで十分だったりしますからね。

今ってYouTube界に進出する人が増えてるじゃないですか。芸能人もどんどんYouTubeに参入してるけど、そんな時代の流れもあり動画編集者はかなり求められてます。

まさに発信する人達の総数に対し、動画編集マンがほとんど足りていない状態っていうね。

動画ディレクターになれば月200〜300万円も夢じゃない

だから動画編集は副業として始めてもそこそこ稼げるだろうし、仕事が回るようになれば自分で編集チームを作って案件を振ればいいんですよね。

自分が獲得した仕事をチームの編集者にやってもらいながら案件数を稼いでいけば、さらに売り上げを拡大できるでしょう。「動画編集ディレクター」というポジションまでいけば、月収200〜300万円も夢ではありませんからね。

ワンダフルムービーエディターの概要



運営会社 ワンダフルワイフ株式会社
学べる編集スキル
  • YouTube向け動画編集
  • 動画CM制作
  • アニメーション制作
講座の内容
  1. 動画コンテンツ
  2. 無制限の質問対応
  3. 無期限のサポート
動画コンテンツの内容 【YouTube向け動画編集】
  • はじめに・質問方法
  • 学習の壁
  • 教材購入の壁
  • 初案件の壁
  • 継続案件の壁
  • 月5万円の壁
  • 月30万円の壁
  • 月50万円の壁
  • 月100万円の壁
【動画CM制作】
  • 動画CM制作講座のはじめに
  • 動画編集に入る前に
  • After Effects入門
  • After Effects実践への一歩
  • 並のクリエイターに差をつけるAfter Effectsのスキル
  • さらなるクオリティUPで単価を上げるAfter Effectsのスキル
  • さらなる効率UPで制作本数を増やすAfter Effectsのスキル
  • After Effects実践講座(OPロゴアニメーション・漫画動画の作例解説)
  • After Effects実践講座(ゲーム系動画CMの作例解説)
  • After Effects実践講座(商品系動画CMの作例解説)
  • ポートフォリオについて・最後に
【アニメーション制作】
  • 講座を始める前に
  • 事前準備
  • 基本操作
  • 企画、実践
  • 製作ノウハウ継続案件の壁
  • 外注、仕組み化
  • チャンネル運営
料金 248,000円(税込)
こんな人におすすめ
  • 需要が増える動画市場において「編集者・ディレクター・クリエイター」として食べていきたい方
  • スキル系のビジネスでとにかく即金性を重視したい方
  • 動画制作に興味がある初心者の方
  • フリーランスの動画クリエイターに興味がある方
  • 動画コンテンツ制作を仕事にしたい方

ワンダフルムービーエディターは「無料講座」と「有料講座」に分かれています。無料講座でも初歩的かつ基礎的な部分は網羅できますが、有料講座なら応用的な部分はもちろん、動画クリエイターとして独立して、ディレクターやコンサルで収入を得ていくまでのノウハウが学べます。しかも、有料講座ならサポートが無期限。
※無料講座は僕が主催する人生逃げ切りサロンに入会いただければ受講できます。
なので、動画編集者としての市場価値を高めつつ、ディレクターやコンサルもやりながら仕事の幅を広げていきたいって方は有料講座を受けてもらえればと思います。

ワンダフルムービーエディターの講師陣に講座の魅力を聞いてみた

では、ワンダフルムービーエディターの講師である松澤さんと藤村さん、吉村さんに講座の魅力を聞いていきましょう。
講師に聞く内容
  • 講座ではどんなスキルが学べるのか
  • 動画編集でいくら稼げるのか
  • 継続的に仕事を発注してもらうために何が必要なのか

動画編集はディレクションまで巻き取れば一気に稼げる


ぼく
ワンダフルムービーエディターは動画編集やアニメーション、動画CMの制作方法などについて全て学べる盛り沢山の講座ですが、まずは講師の方々の自己紹介をお願いしてよろしいですか?

松澤さん

YouTube向け動画編集の講座を担当している松澤です。
僕は13年間美容師をしていましたが、後に営業職へ転職し、動画編集を学んでディレクションやコンサルをやるようになりました。


ぼく
動画編集のディレクションをやるようになって、結果的にいくら稼げるようになったんですか?

松澤さん
月200万円までいきました!

ぼく
おお、やばいっすねw

ぼく
そもそもYouTubeの動画編集って、学べばすぐに稼げるんでしょうか?

松澤さん
結論ですが、すごく即金性の高いスキルだと思ってます。
学習期間もプログラミングに比べると短かいですし、手を動かした分すぐにお金になります。

ぼく
なるほど、即金性と汎用性の高いスキルなんですね。
一通り身につけておくとかなり重宝され続けそうかなと。

アニメーション制作の需要も増加している


藤村さん
アニメーション制作の講座を担当する藤村です。
私はもともと営業職として働いていましたが、人生逃げ切りサロンを通じて副業を模索しているうちに、動画編集やアニメーション制作にたどり着きました。
そして現在は、「Vyondクリエイター」として活動しています!

ぼく
Vyondを使ったアニメーション動画って最近すごい増えましたよね。

藤村さん
はい!
最近はVyondによる動画広告もよく流れるようになりました。
Vyondとは?
Vyondとは、アメリカ発のアニメーション動画ソフトのこと。

ぼく
Vyondアニメーションで動画を作ってナレーターを入れれば、顔出ししなくてもすぐに動画コンテンツを完成させられるし、アイデア次第でいくらでも稼げるアツいスキルですね。

動画CMなら5秒の動画で数万円の単価を取れる


吉村さん

動画CM制作の講座を担当する吉村です。
僕は以前ブラック企業に勤めていましたが、独学で動画制作を勉強して脱出しました。
その後広告代理店の動画制作部門を経て、今は本業で企業の動画を制作する傍ら、副業としても動画を制作しています。



吉村さん

なお、動画広告は年間で1,000本以上作った経験もあります。



ぼく
すばらしい!
動画CMって、YouTubeの間で流れるアレですか?

吉村さん

はい!
他にはTwitter・Facebook・InstagramといったSNS全般ですね。



ぼく
なるほど!
動画CMって結構単価高いですよね?

吉村さん

ピンキリですが、5秒〜6秒の短い動画で数万円の場合もありますね。



ぼく
めちゃすごいw
YouTubeの編集なら30分の動画を編集しても1万~2万円くらいだけど、6秒で数万円取れるならいいですね。
多少は商品やサービスを訴求する為のマーケティング知識も必要そうですが、動画CMが作れるようになるとかなり強いのかなと。

YouTubeの編集だけで食べていける時代は終わった!?


ぼく
ワンダフルムービーエディターの強みってどんなところですか?

松澤さん
単なるYouTube編集で終わるのではなく、アニメーションから動画CM、さらにはディレクターからコンサルまでを全てカバーできる部分が一番の強みですね。

ぼく
初心者向けの動画編集教材は他にもありますが、この講座は初心者から玄人まで対応してるし、色んなジャンルを学べるところがいいですよね。
YouTubeの編集だけでなく、別軸でCMやアニメーションも作れるスキルがあれば、収入源の分散効果も期待できるし。

松澤さん
はい、間違いありませんね。
今ってYouTubeの編集マンがすごく増えてますが、その分クラウドソーシングで安く買い叩かれるような編集マンも増えているんですよ。

松澤さん
なので動画編集をやるなら、クライアントの悩みをヒアリングしつつ、動画CMやアニメーションなども提案できた方が良いですよね。
その辺りは、ワンダフルムービーエディターなら全て網羅できるんじゃないかと思います。

ぼく
編集マンと言っても「ただYouTubeの編集ができるだけ」じゃダメですよね。
相手の要望を過不足なく抜き取れるかや、マーケティング的視点を持って「売れる動画」が作れるかみたいな部分をトータルで提案できた方が、動画編集者としての市場価値はグッと上がるでしょうね。

松澤さん
はい、それだけで簡単には淘汰されない動画編集マンになれるかなと思います。

ぼく
動画の編集ができる人はたくさんいるけど、現場で戦えるレベルの人って少ないですよね。
だから、編集のスキル以外にも「クライアントワークのお作法」みたいな部分が重要だと思うんですが、そこも教えてもらえますよね?

松澤さん
もちろんです!
発注者目線で編集者を見たときに注意しておくべきポイントなども教えられますよ。

ぼく
おお心強い!w
案外発注者目線で編集ができない人も多いし、ディレクションを学んでおけば発注者としての感覚が掴めていくと思いますね。

YouTube動画、動画CM、アニメーションはそれぞれいくら稼げるのか


ぼく
動画編集の技術を手に入れた後に仕事を獲得する場合、それぞれのスキルでどれくらいの収入が期待できるのでしょうか?

松澤さん
YouTubeの動画編集だと、おおよその目安は「月30万円」あたりでしょうか。
仮に1本1万円で編集したとして、毎日編集すれば月30万円となるので。

松澤さん
それ以上収入を伸ばしたいなら、ディレクターやコンサルをやりながら仕事の幅を広げていくってイメージですね。

藤村さん
アニメーション制作もだいたい月30万〜40万ほどが目安になると思います。
1本あたり1万〜3万円の案件を継続的に受ける形になると思うので、2日に1本作って20万〜30万ってところかなと。

藤村さん
なので案件が溢れ返ってるわけではありませんが、今後は間違いなく伸びるでしょうね。

ぼく
YouTube編集が1日1本1万円なのに対し、アニメーション制作は1本2万〜3万円のものを2日に1回でこなすわけですね。

吉村さん

動画CMも月30〜40万円は取れると思います。
ただ、動画CMの制作単価にはばらつきがあるので、1本1万〜3万の案件をたくさん積み上げるのか、それとも1本10万といった比較的の案件を少なくやるのかといった違いはありますね。


動画編集者が継続案件を獲得するために必要なこと


ぼく
動画編集で稼ぐには「継続案件」を貰っていかなきゃいけないと思うんですが、何かコツってあったりしますか?

松澤さん
継続案件の獲得方法は講座内でも細かく伝えていきますが、レスポンスは速い方が良いですね。

松澤さん
あとは、とにかくお客さんと信頼関係を築いておくことが重要です。
信頼を積み重ねれば、継続案件をもらえたり、横のつながりで新しい案件を紹介してもらえたりもするので。

ぼく
相手の期待値を上回るようなクオリティで納品し続ければ、継続的に仕事を取っていくのも難しくありませんよね。

松澤さん
はい!
動画編集者としてのポジションもまだまだ空いてるだろうし、誰にでもチャンスがあると思っています!

まとめ:ワンダフルムービーエディターで市場価値の高い動画編集者になろう!

というわけで、ワンダフルムービーエディターは、YouTube編集からアニメーション制作、動画CMの制作までを全て網羅したとてつもなく最強な講座となっております。

これから動画編集の世界で勝負しようと思うなら、もうYouTubeの編集だけでは生き残っていけません。

YouTubeの編集って割と簡単にできちゃうし、"それだけ"しかできなかったら結局安く買い叩かれて終わっちゃうんですよね。

だからこそ、動画CMやアニメーションもできると強いし、ディレクターやコンサルもできるようにしておかなきゃならないんですよ。

なので、動画編集に必要な知識を基礎から学びつつ、いずれ「稼げる動画クリエイター」になりたいって方にはワンダフルムービーエディターがベストなんじゃないかと思います。

エンジニアになるならプログラミングスクールから

いま、未経験からエンジニアを目指すのであれば、就職サポートが付帯しているプログラミングスクールを選ぶのがベストです。

なんと、ほんの数ヶ月あればエンジニアに転身できてしまいます。そして、2〜3年現場で経験を積めば、フリーランスエンジニアとして独立し、年収1000万円も十分達成可能。

ここでは、受講スタイル(オンライン・オフラインなど)、学習内容、料金体系などから各社の強みをまとめてみました。エンジニアという働き方に可能性を感じていらっしゃる方はぜひご一読ください。

詳細はこちらから

おすすめの記事