ITエンジニアはどこもかしこも人手不足だといわれる時代ですが、その中でもWebプログラマーの需要が高まっています。Webプログラマーに興味がある人も増えていることでしょう。


でも「独学でプログラミング言語を習得してなれるのか?」と疑問を感じている人も多いと思います。早速その疑問に回答しますが、結論、ほぼ無理ゲーです。


もちろんやりきれる人もいるだろうけど、僕の体感的には90%くらいは挫折している。そのくらい、本やネットだけの普通の独学だけでプログラミング言語を習得するのは難しく、Webプログラマーに辿りつけないのです。


プログラミングってある程度できるようになるまでは、ぶっちゃけおもしろくも何ともないんですよ。だから、こんな開始時点で挫折を味わうよりは、プログラミングスクールに通って効率的に習得した方が手っ取り早いので、そちらをオススメしています。


ここらへんとか▼


ただ、何かしら特別な理由でプログラミングスクールは困難という人や、予備知識を得てからスクールに通いたいという人もいるかもしれない。そのような人には、普通の独学ではなくて、あるサービスを使えば自分一人でもやれるようになるので紹介します。


これからWebプログラマーになろうと思っている人は、チェックしておいてください。

Webプログラマーってどういう仕事?

IT業界に馴染みのない人にとっては「Webプログラマーって実際何をしているの?」という思っている人もいるので、ここで少し説明しておきます。


業務内容

Webプログラマーは、簡単にいえば、プログラミング言語を駆使してWebアプリ(Webサイト、Webサービス)を作る人です。使用するプログラミング言語は様々あって、覚えないといけないことがなかなか多い職種です。


代表的な言語とその言語で作られたWebアプリは、以下のものが挙げられます。


  • Ruby(Cookpad、CloudWorks、Hulu)
  • PHP(Facebook、WordPress、Wikipedia)
  • Python(Youtube、Instagram、DropBox)
  • Java(Twitter、Evernote)
  • C#(Microsoft系のWebアプリ全般)


作られたWebアプリは誰もが聞いたことあるものばかりで、具体的なイメージが湧いたことでしょう。スマートで先進的な雰囲気を感じられるのも特徴で、人気が高い職種になっています。

プログラムを書くばかり?・・・ではない

Webプログラマーに限らず、プログラマーは一日中プログラムを書いているというイメージを持たれがちだけど、それは開発中の一部の期間に限られています。


また、案件によって仕事の範囲も変わります。ITの開発現場では、要件定義、設計、コーディング、テスト、運用という工程が一般的で、プログラマーは主にコーディング、テストを担当します。


工程をきっちり分けて各工程の担当がばらばらのときもあれば、いくつかの工程をセットで担当する場合も。プログラマーが設計の一部を手伝ったり、あるいは設計まで含めて担当するというのもよくある話ですね。


要件定義や設計は実はシステムエンジニアといわれる職種の領域で、こっちは打合せやドキュメント作成の方が非常に多くなります。プログラマーを長年経験すると、システムエンジニアの範囲も任せられることも増えてくるので、その道が自分に合うのかしっかりと見極めていくことが重要です。


自分のキャリアをどのように構築するか、十分に考えておくのが良いでしょう。

収入

Webプログラマーの正社員の収入は以下の通りとなっています。

20代の給料(収入):24万前後

30代の給料(収入):約28万円〜30万円前後

40代の給料(収入):約40万円


一方、フリーランスの収入に関するはっきりとしたデータはありませんでしたが、フリーランス向けの求人を見ていると、月単価60万円〜80万円くらいの案件が多数存在しています。


東京ならフリーランスに成り立てでも、平均的に月収60万円〜くらいの収入を狙っていけるんじゃないかな。地方だと50万円〜とか。


もちろん、経験、スキルによってもらえる金額は変わります。新技術もキャッチアップしながら、常にスキルアップが必須なのはお忘れなく。

Webプログラマーの働き方

企業で働く場合、以下のような働き方が一般的です。

  • 週5勤務
  • オフィスに出勤必須
  • スーツ着用

自由な働き方ができる企業はちらほら出てきているけど、まだまだ少数派であることは否定できません。


Webプログラマーの市場でもこの動きは同様で、堅めの大手企業の社内システム案件は正にこの状態。こういった企業は、過去の実績と企業体の信頼性を重視しており、フリーランスは、そもそも案件を獲得することが難しいです。


また、仮に獲得できたとしても、スーツはもちろん、週5で常駐を求められることが多く、働き方に関してはまだまだ発展途上です。


一方、ベンチャー企業、スタートアップ企業などの若い企業は、以下のような働き方ができる可能性が非常に高いですね。

  • 週3勤務
  • リモートワークOK
  • 私服OK

これらの企業は、フリーランサーのWebプログラマーが活躍できる思想と土台ができあがっています。また、元々Web系のサービスを主体としている場合は、大手企業でも自主性を重視しているところも多く、自分の求める働き方ができる可能性が高いです。


働き方に関しては最初にすべての条件を求めるのではなく、信頼を得てから徐々に広げるようにしても良いでしょう。


それ以外にも、Webプログラマーはパソコン一つあればほぼ全ての仕事が可能であるというのが大きなメリットになります。さらには、ネットの情報やスクールなどの学習環境も豊富で、エンジニアとして成長しやすい環境が整っています。


こういった状況を総合的に考慮すると、Webプログラマーはエンジニアの旨味が凝縮された職種といえますね。

それでも独学で学習可能するなら

冒頭にも述べた通り、個人的にはプログラミングスクールに通うことを勧めています。でも、どうしても独学でやりたい、やらないといけない人もいるかも。そんな場合でも、本やネットを参照するだけの学習はやめましょう。


理解できないことがあまりにも多いし、環境構築や序盤の序盤なんてめちゃくちゃつまらないので、諦めてしまう確率が極めて高いです。


そこでオススメしたいのは、動画を見ながら学習を進められるサポートの厚いプログラミング講座サービスです。代表的なサービスは「Skill Hacks」や「ドットインストール」といったところ。


どちらもとても良い教材なんだけど、「ドットインストール」は初心者にとってはちょっと難しいかもしれない。というのも、講師のしゃべるのがかなり速いので、動画再生→動画止める→プログラム書いて実行→動画再生といった操作を繰り返してしまいがち。プログラミングに慣れているエンジニアには良いスピードなんだけどね。


その点、「Skill Hack」はゆっくりとした速さでしゃべってくれるからとても聞き取りやすいし、一つ一つの説明が丁寧で初心者でも落ち着いて受講できる内容に仕上がっています。


講師の迫くんは3000人に教えた実績もあって、挫折したくても挫折できない設計となっています。そして、今一番売れているプログラミング教材と言っても過言ではないでしょう。


「Skill Hack」については、こちらの記事で詳しく紹介しているので確認してみてください。▼

というわけで、この「Skill Hack」で独学してある程度の経験を積んだ後、就職サポート付きの格安プログラミングスクールに通ってエンジニアを目指すというのも一つの手かな。そうすれば、Webプログラマーの道は簡単に開けてくるでしょう。

さいごに:20代なら独学なしでいきなり就職も

「Skill Hack」で独学→就職サポート付きの格安プログラミングスクール→就職、というルートを紹介しましたが、20代ならばプログラミングスクールをすっ飛ばして、いきなり就職することもありです。


実際、多くの企業が新人を採用して育てていくわけだし、新人ではない未経験者でも若手であれば好まれる傾向にあるので。


また、この方法はプログラマーになりたい本人にもメリットはあって、実際の現場で経験を積む方が独学、スクールの何倍ものスピードで成長します


やっぱり仕事は責任を持ってやらないといけないから、無意識に習得スピードを上げるスイッチが入っているんですよね。社会人を経験した人ならこの辺は容易に理解できるでしょう。


だから、考え過ぎて迷っている人は、思い切って飛び込んでみることも必要。もちろん、変なブラック企業にはつかまらないように自己防衛をした上での話だけど、成長スピードを重視している人にとっては一つの正解だから。


上記で紹介したルートの中から自分に一番良いものを選んだ後は、さくっとWebプログラマーになってフリーランスを目指していきましょう。

最強の初心者向けプログラミング学習教材

プログラミングを独学でやりはじめると高確率で挫折します。では、いつ挫折するか。それは、教材のテキストに書いてある通りに演習を進めても教材通りに進まなかった時です。

最強の初心者向けプログラミング学習教材「Skill Hacks」では、全コンテンツが動画であるため、見よう見まねに進めても演習を終わらせることができます。さらに、24時間体制の手厚いQAサポートまで付いていて、まさに挫折しようがないサービス設計。

プログラミングで人生変えたいなら、その入り口は「Skill Hacks」で。

詳細はこちらから

おすすめの記事