どうも、りゅうけん(@ryukke)です。


今回は、日本初のアプリ開発に特化したプログラミングスクールである「プログラミングジャパン」を取材してきました。



これからエンジニアになりたいって人は多いと思いますが、実はフリーランスや副業でエンジニアをやるなら「アプリ開発」がアツいんですよね。


アプリ開発は初心者でも簡単にできるし、アプリエンジニアはただでさえ人手不足だから案件もかなり豊富っていう。


だから自社内開発してる企業へ転職したり、副業で月10万円稼いでくみたいなことも可能なんですよね。まさに外出自粛中に「手に職」をつけておきたい人には最適なんじゃないかと。


そこで今回はプログラミングジャパンの塾長である八木田さんに話を伺ってきたので、未経験からアプリエンジニアになりたい人や、フリーランスエンジニアとしてバリバリ活躍していきたい人は必見です。

いますぐ登録したい方はこちら

アプリエンジニアになれると評判のプログラミングジャパンとは?


ぼく
本日はよろしくお願いします。
早速ですが、プログラミングジャパンってどんなスクールなんでしょうか?

八木田さん
プログラミングジャパンは"日本初"となるアプリ開発に特化したオンラインプログラミングスクールでして、主にSwiftやKotlinといった2言語を扱っています。

【Swiftとは?】
iPhoneやMac用アプリの開発で使われるプログラミング言語。2014年よりAppleによって発表された。
【Kotlinとは?】
Androidアプリの開発で使われるプログラミング言語。発表されたのは2011年だが、2017年にGoogleが公式採用した言語として注目を集めた。


ぼく
なるほど。
なぜアプリ開発に特化されたんでしょうか?

八木田さん
未経験の方でもすぐに開発ができる言語だからです。
アプリの開発言語って、数あるプログラミング言語の中で最も初心者が入りやすいと言われているんですよ。

八木田さん

私たちはチャットやゲーム、音楽、動画といったようなサービスをスマホで使う際、必ずといって良いほどアプリを使っていますよね。

なので今後も私たちの生活に密着していくのはアプリでしょうし、それに伴いアプリの開発需要も更に高まっていくと言われています。


ぼく
確かにそうですね!
ぼくの息子もずっとスマホのアプリで遊んでますしwww

八木田さん

しかしアプリの需要が高まる一方で、アプリ開発に特化したエンジニアは人手不足となっているのが現状です。
だからこそ、「アプリ開発エンジニア」を輩出していく為のスクールが必要だと考えました。

プログラミングジャパンではアプリ開発に必須となる「Kotlin」が学べる!


ぼく
では、具体的にどんなアプリを作るんでしょうか?

八木田さん
まずは電卓やTo Doリストアプリ、じゃんけんアプリといったアプリを実戦形式で作ってもらい、それらを通してアプリ開発のベース言語となるSwiftやKotlinを習得して頂く流れですね!

ぼく
めちゃくちゃ楽しそうですね!
ところで、「Kotlin」って一体どんな言語なんですか?
アプリ開発といえばJavaのイメージがありましたが...。

八木田さん
KotlinはAndroidのアプリ言語で、2017年にはGoogleが公式採用したことで話題を呼びましたが、「Kotlinで書くともうJavaには戻れない」と思ってしまうくらい簡単な言語なんですよ。

八木田さん
例えばアプリに追加機能を実装する際、Javaだと1週間かかるところを、Kotlinなら2〜3日に短縮できます。

八木田さん
KotlinはメンテナンスがしやすくJavaとの親和性も高いので、Javaに慣れてるエンジニアならすぐ対応できるでしょう。
もはやメリットを話し出すとキリがありません...笑

ヤフーやLINEもKotlinを導入している


八木田さん
Googleが公式に取り入れたこともあり、最近はKotlinを導入する企業も増えてきてるんですよ。

ぼく
素晴らしいですね!
例えばどんな企業が導入してるんですか?

八木田さん
例えば「Yahoo!JAPAN」や「LINE」「Uber」「GYAO」などでもKotlinが組まれていますね。
特にYahoo!では、ニュースアプリの開発をJavaからKotlinに移行してコードを数千行も省略していたんです。



ぼく
なるほど、確かにそれなら初心者でも簡単に習得できそうですね!

Kotlinが扱えるエンジニアの求人も増えている


ぼく
じゃあ、Kotlinを習得すれば転職や副業、フリーランスとして仕事を取れるようになりますか?

八木田さん
そうですね。
Kotlinは今やAndroidアプリの開発言語として主流になってきているので、JavaからKotlinに移行する案件の求人も増えています。

八木田さん
そもそもJavaからKotlinに移行するデメリットってほとんどありませんし、今後Androidアプリを開発するならKotlinが間違いなく要になると思うんですよ。

ぼく
なるほど、それだけ需要が高まってるなら副業でも十分稼いでいけそうですね。

八木田さん
はい、最近はJavaからKotlinに移行する企業案件がクラウドソーシング上にも増えているので、Kotlinが使えれば移行案件を積極的に受けれると思いますね。

プログラミングジャパンのレッスン内容は?


ぼく
では、具体的にレッスンの内容についてお聞かせ頂けますか?

八木田さん
現在は完全オンライン型のレッスン方式でして、模擬面接やカリキュラム、ポートフォリオの作成なども全てサポートしています!

カリキュラムは与えられるのではなく自ら作り出していく


ぼく
カリキュラムの作成もサポートしてくれるんですか?

八木田さん

はい、特に最初はカリキュラムの作成に時間をかけますね。

こちらで予め作成したカリキュラムもありますが、受講生の方がどんなアプリを作って行きたいのか、どんなキャリアを歩んで行きたいのかなどをヒアリングし、一緒に作っていきます。


八木田さん

最初ってどうアプリを作ればいいかイメージが沸きにくいと思うんです。
なので、まずは受講生の方としっかりコミュニケーションを交わし、ある程度自力でアプリを作れるようになったら柔軟にカリキュラムを変更するようにしてますね!

案件獲得に繋がるSNSでの発信もサポート


八木田さん

あとはポートフォリオを一緒に作り込んだり、面接の練習をしたりもさせて頂いてますが、他にも案件を獲得する為に必要なSNSでの発信もサポートしています。


ぼく
SNSでの発信もカリキュラムに含まれてるんですね。それはすごい!

八木田さん

初心者が最初に自分で案件を探す際、どうやって案件を取っていけば良いのか分からなくて不安になってしまいますよね。
そこで当スクールではSNSの発信も全面的にサポートし、案件獲得の為のお手伝いをさせて頂きます。

講師は必ず現役エンジニアが担当している


ぼく
プログラミングジャパンの講師陣ってどんな感じなんでしょう?

八木田さん

当スクールでは必ず現役エンジニアが講師を務めています。
具体的には約70%がフリーランスエンジニア、そして約25%が企業エンジニア、そして残りが大学生エンジニアですね。


ぼく
なるほど、全員が現役エンジニアだったら受講生も安心ですね!

プログラミングジャパンなら完全未経験でもアプリを開発できる


ぼく
プログラミングジャパンの受講生って実際どんな年齢層の方が多いんですか?

八木田さん

当スクールの受講生は比較的年齢層が高めでして、20代はもちろんのこと、30〜40代の方も多くいらっしゃいます。


ぼく
そうなんですか!
アプリって聞くと比較的若い人がメインなのかと思いましたが、めちゃくちゃ幅広いですね。

エンジニアに年齢は関係ない


ぼく
じゃあ、スクールを通してどんなキャリアを目指されてる方が多いんでしょう?

八木田さん

20代だと正社員での就業を目指す方が多いですが、30〜40代だと「副業で稼ぐ」を目標とされている方も多いですね。
もちろんフリーランスになりたいという方も多いです。


ぼく
「副業で稼ぐ」くらいのレベル感でも大丈夫なんですね。
結構40代以降でエンジニアになるのは厳しいと言われがちですが、それでも副業で稼げるレベルには到達するんですか?

八木田さん

はい、大丈夫です。
一般的にエンジニア転職を考えた時、確かに30〜40代だと厳しいと言われる場合もありますが、実際エンジニアに年齢は関係ありません。


八木田さん

当スクールでも57歳でアプリ開発を始め、副業ですぐに10万円稼がれた方もいらっしゃいました。
「私にもできますか?」と最初は不安な方でも、いざやってみると意外と楽しくできるってパターンが多いんですよ。

タイピングすらままならない人でもアプリ開発ができるようになる


ぼく
なるほど、じゃあ年齢はあまり関係ないってことですね!
でもそんだけやれるんだったら、実際に受講される方って元々ITスキルを持ってる方が多いんじゃないですか?

八木田さん

そんなことありませんよ。
プログラミング初心者の方も多く在籍していて、ほとんどが完全未経験の方です。


ぼく
あ、まじすかwww
じゃあ、多少パソコン触ったことあるくらいの人でも大丈夫なんですね!

八木田さん

あ、いえ。
パソコンのタイピングすらできないレベルの人でも大丈夫です。


ぼく
それすごいっすねwww

八木田さん

なので全く勉強してないって状態でも、とりあえず相談して頂ければ大丈夫です!
もちろん、それでも多くの人が完全未経験からアプリを開発できるようになりますので。

卒業後は提携先の自社内開発に行ける可能性も


ぼく
では、みなさんも一番気になってるであろう「卒業後のキャリア」についてお聞きしたいんですが、ぶっちゃけどうなんですか?

八木田さん

はい!
当スクールはスマホアプリの開発企業様と直提携を結んでいるので、卒業後は自社内開発の企業様へ転職して頂ける場合もあります!


ぼく
おー、それめっちゃいいですね!
でも、一般的なスクールだと卒業後にSESを紹介するパターンが多いと思うんですが、なぜ自社内開発へ行けるんでしょう?

八木田さん

それは、これまで様々な自社内開発の企業様から"ご縁"を頂けたお陰です。
提携先の企業様からもどんどん他の企業様を紹介して頂けるようになったので、かなりご縁に恵まれていました。


ぼく
なるほど、自社内開発で働けるだけでも相当すごいと思いますよw
実際に受講生の方は転職されて年収は上がったんですか?

八木田さん

当スクールのエンジニア転職率は96%を維持しておりまして、実際に年収を2〜3倍にされた方もいらっしゃいます。

提携先に自社開発が多いこともあり、実務経験を重ねていけばどんどんと収入を上げていけると思いますね。

アプリ開発なら月単価50〜60万円も可能


ぼく
ちなみにフリーランスとしてアプリ開発エンジニアになるとして、アプリ開発の単価ってどんな感じなんですか?
ぼくはインフラ系なのでアプリ開発の方はあまりよく知らないんですが。

八木田さん

アプリの開発は、常駐型の案件だと大体50〜60万円くらいですかね。
クラウドソーシングでの副業ならまずは単価10万円くらいの案件獲得を目指してもらいますが、常駐型なら単価50〜60万円の案件獲得を目標にしてもらっています。


ぼく
なるほど、常駐で最低ラインが50万円だったら全然良いですね!

プログラミングジャパンの気になる料金は?


ぼく
では、気になるレッスンの料金についてお聞きしたいんですが、大体どのくらいなんでしょう?

八木田さん

当スクールは3つのコースに分かれていまして、各コースによって期間や料金が異なります。


コース名 料金(税抜) 期間
シルバーコース 248,000円 1〜2ヶ月
(全6回)
ゴールドコース 598,000円 2〜6ヶ月
(全24回)
プレミアムコース 1,198,000円 7〜24ヶ月
(全54回)


ぼく
なるほど、実際どのコースを選択されることが多いんでしょうか?

八木田さん

9割の方はゴールドコースを受講されていますね。
中にはプレミアムコースを選択してくださる方もいますが、本格的にフリーランスを目指す方が多いですね。


ぼく
そうなんですね。
ちなみに万が一途中でスクールに挫折してしまった時って、返金とかってしてもらえますか...?

八木田さん

はい、大丈夫です。
当スクールでは「返金保証制度」を設けており、レッスン回数に応じた返金を実施しています。


八木田さん

例えば、レッスンを10回やった時点で挫折してしまった場合はスクール代金の70%を返金しますし、レッスンの半分受講した時点なら50%のスクール代金を返金させて頂きます。(※返金額については、レッスン回数や内容によって変動します。)


ぼく
おー、それだったら安心ですね!

八木田さん

はい、それほどレッスンに絶対的な自信を持っておりますので、万が一成果を感じて頂けなかった際は返金に対応いたします。


今なら「初心者応援パッケージ」としてMacBookAirがプレゼントされる!


ぼく
あと、プログラミングジャパンでは何か入会特典とかってあったりするんですか?

八木田さん

はい!
実は当スクールでは、プログラミング初心者の方が"すぐに"学習を始められるように、「初心者応援パッケージ」としてゴールドレッスンの代金に+5万円でMacBookAirをお渡ししております。


ぼく
え、そんな良い特典があったんすか!www
本来MacBookAir一つ買おうとすれば10万円以上はするだろうし、これからPC買ってプログラミングを始めようとしてた方にはめちゃくちゃ美味しいですね。

八木田さん

しかもそれだけではありません。
今なら「無料体験レッスン」に申し込んで頂いた方限定で7大特典を用意しています。


「無料体験レッスン」申し込み限定の7大特典
  1. 現役エンジニアの生の声を収録した動画
  2. 仕事の取り方を解説したPDF資料
  3. プログラミングにおける「企画」の重要性の解説動画
  4. アプリ開発の為の専用カリキュラムの作成
  5. 最新情報を届けるLINE@への招待
  6. 入会金を1万円から0円に
  7. Amazonギフト券1,000円分プレゼント


ぼく
めっちゃ充実してますね。
MacBookがあればiPhoneアプリの開発もできるし、もはやアプリ開発を始めれない理由はないというwww

八木田さん

はい(笑)
初心者がアプリ開発を習得する為の環境はしっかり整えておりますので、完全未経験の方もまずは無料の体験会に参加してもらえればと思っています!

まとめ:アプリエンジニアになるなら高評判のプログラミングジャパンを受講しよう!

というわけで、今回はプログラミングジャパンについて取材してきましたが、これからアプリ開発エンジニアとしてバンバン稼いでくならプログラミングジャパンを受講してみればいいんじゃないかと思います。


エンジニアは深刻な人出不足に陥ってるので、30代〜40代からでも十分にフリーランスを目指せる環境なんですよね。


だから年齢関係無くフリーランスや副業、正社員とどこからでも活躍していけるでしょう。本業がある人は「副業で月10万」とかでもいいだろうし。


特に外出自粛中の今は「手に職」をつける絶好のチャンスなので、今のうちにフリーランスになる為の準備をしておいてください。

プログラミングジャパンの概要



運営会社 株式会社サンクチュアリ
所在地 東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル14階
学べる言語 Swift / Kotlin
コースと料金(税別) シルバーコース:248,000円
ゴールドコース:598,000円
プレミアムコース:1,198,000円
受講期間 シルバーコース:1〜2ヶ月
ゴールドコース:2〜3ヶ月
プレミアムコース:2〜6ヶ月

エンジニアになるならプログラミングスクールから

いま、未経験からエンジニアを目指すのであれば、就職サポートが付帯しているプログラミングスクールを選ぶのがベストです。

なんと、ほんの数ヶ月あればエンジニアに転身できてしまいます。そして、2〜3年現場で経験を積めば、フリーランスエンジニアとして独立し、年収1000万円も十分達成可能。

ここでは、受講スタイル(オンライン・オフラインなど)、学習内容、料金体系などから各社の強みをまとめてみました。エンジニアという働き方に可能性を感じていらっしゃる方はぜひご一読ください。

詳細はこちらから

おすすめの記事